ヨーロッパ発!子どもの野菜嫌いを科学的に解決する「お助けプレート」

日々、子どもとの野菜戦争を繰り広げるパパママを救うべく、ヨーロッパ最大級の野菜加工会社「HAK」の主導で「The Helping Plate(お助けプレート)」が考案された。

© DDB Unlimited/YouTube

同社は“子どもたちに、無理なく、より多くの野菜を食べてもらうこと”を目指して、「Wageningen University & Research(ヴァーヘニンゲン大学)」の食行動に関する研究結果を、プレートに落とし込むことに焦点を当てた。

科学的な知見は、デザインにどう活きているのだろうか?5つの工夫をご紹介しよう。

1つ目は、子どもが親の振る舞いを見て学ぶ「ミラーリング」を活かした、シンプルなデザインだ。

子ども用の皿にありがちな、鮮やかで飾りのついたプラスチック製のものではなく、親が使っているような陶器製に仕上げることで、親の食事習慣を真似しやすいのだという。

2つ目は「デルブーフ錯視」を使ったサイズ設定。

従来の子ども用皿よりも大きくすることで、同量の野菜を盛り付けても少量に見える。そうすると、食事がすぐに終わると脳が錯覚し、食べるハードルが下がるのだ。

この"野菜を多く見せない"効果は、3つ目の工夫である、プレート中央の凹み加工にも関連している。

4つ目は、その凹みを手前に配置したこと。

自分の近くで出された食べ物は、無意識に食べてしまうことを活かして、親が子どもの一番近くに置けるように設計されている。

そして5つ目は、白い背景が食品をおいしそうに見せることを踏まえた、奥から手前へと白さを濃くするカラーリングだ。

オランダ、ベルギー、ドイツ、オーストリアでの発売後、すぐに売り切れて好評を博しているこのプレート。世界規模での展開が待ち遠しい。

『Credits』

Client: HAK
Design: Waarmakers Studio
Concept and creative execution: DDB Unlimited
Research: Wageningen University & Research
Plate production: Royal Goedewaagen

Reference: WAARMAKERS, HAK
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
大阪府大東市に北欧スタイルのファミリーレストラン「ケイットルオカラ」がオープン!
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
7月25日、あのハリウッドスターなどの名前が刻まれている星形プレートが粉々になっていたそう。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
容器の繰り返しの使用における衛生面での課題、プラスチック容器の廃棄で生じる環境面での課題。その両方を解決する革新的な「ディスペンサー」を「nendo」がデ...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
スウェーデンのラップランドにオープンした“川に浮かぶ”リゾート施設「Arctic Bath」は、北欧らしくシンプルで洗練されたエクステリア&インテリアが自...
嫌いな人が夢に出てきたどんな意味?嫌いな人の夢を対象人物、シチュエーション別に専門家が解説します。
“道端の雑草の名前をチョークで紹介する”というフランス発のムーブメントは、口コミやソーシャルメディアを介しヨーロッパ全土に広がっている。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
5年で10店舗にまでチェーンを増やすことに成功した、ロシアのネイルサロン『Nail Sunny』。急成長の背景には、Instagramに投稿しているユニー...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
「食べ物に触れる手だからこそ、安心・安全なハンドクリームを」。そんな想いから本製品は誕生。有機肥料を用い、大切に育てられた宮城県産の”健康的な野菜“を使用...