街全体で「サステナビリティ」に取り組む、ヘルシンキの新サービス

フィンランドの都市・ヘルシンキがはじめた取り組みが話題となっている。そのサービスの名は「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。

ウェブやアプリを通じて提供されるこのサービスは、タウンガイドのような体裁でありながら、リサイクルや省エネに配慮したカフェやレストラン、バーといった飲食店をはじめ、宿泊施設やショップなどがリストとなって表示されるというもの。

市民や観光で訪れた人々が、日常の生活や観光に役立つ情報を手に入れつつ、ヘルシンキが目指すサステイナブルな社会の実現を後押しし、“持続可能”な活動をおこなう企業や団体をバックアップするのが目的とのこと。

ヘルシンキのプロジェクト担当者は「この取り組みをきっかけに、さらに大きな自治体、そして国や世界全体がサステイナブルなものになることを祈っています」とコメント。

自治体発信による企業を巻き込んだこのサービスが、今後どのような展開をみせるのか注目したい。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
MaaSアプリの先駆者として知られるフィンランド発の「Whim(ウィム)」が2019年12月、千葉・柏の葉で実験的にサービスを始める。
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
ヘルシンキで「日本でも流行るリコリス」を見つけました。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。