郵便屋さんが、お届け先の「芝刈り」を始めるらしい!(フィンランド)

郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!

驚きの組み合わせ!
郵便屋×芝刈りサービス??

郵便会社「Posti」によると、このサービスは、訪問宅にある芝刈り機を借り、時間はお客さんが計るというのんびりしたもの。郵便配達量の少ない火曜日に行う予定で準備が進められています。

手紙の配達が減った代わりに、既存の配達ルートを生かして新たなビジネスを始めようと郵便配達員が考案したもので、価格は30分65ユーロ(約8,000円)、60分で130ユーロ(約1万6,000円)。1ヶ月ごとのパッケージサービスとなっています。

フィンランドの郵便屋さんは
めちゃくちゃ多才なんです!

あまり知られていないかもしれませんが、フィンランドの郵便会社はヨーロッパで最初にドローンを使った配達実験をしたり、食事を配送したり、果てはセキュリティーサービスまで行っていたりと、様々な取り組みに前向きに挑戦していることで知られています。

もちろん実験的な取り組みのため、反対意見も。地元紙「Yle Uutiset」には、「芝刈りは専門知識が必要な仕事だ。配達員はトレーニングを受けていないだろう」なんて不動産企業の声が掲載されています。

とは言え、同社は「あくまでボランティア的なサービスであり、今回は試験期間として捉えている」とコメント。北欧の短い夏に合わせて、2016年5月17日から8月の終わりにかけて運用される予定です。

他の記事を見る
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
「この手紙を受け取ってくれたあなたも、幸福が訪れますように」——見知らぬ誰かの「水曜日」と、自分の「水曜日」を交換するアートプロジェクトとして話題になった...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
商店街の衰退が叫ばれている昨今、魚屋も例外ではありません。夕食を焼き魚や刺し身にしようと思った時、魚屋ではなくスーパーへ……という人が多いのでは?そんな中...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
フィンランドでは、シナモンロールのことを「往復ビンタ」と呼ぶ