仲居さんに聞いた。「残念なお客さん」

つい先日、某有名観光地の旅館で仲居さんを6年やっていたという20代後半の女の子と話す機会があった。

その子は、今でもお客さんからもらったお礼の手紙や、感謝の言葉がぎっしり詰まったアンケートを大事に保管していて、それが宝物だと語っていた。

…が、しかし! 観光地のホテルや旅館ともなれば、本当にさまざまなお客さんが出入りする場所である。

そこで、感動的なエピソードで終わりそうなその場の空気をぶっ壊すがごとく、あえて「イヤなお客さん」はいたのか、と聞いてみた。

ここに登場する人たちは、つまり反面教師である。

case 01.
「ケチだなぁ」
「マニュアル女が」

55e915a473463881c62169de973b79c082192d99

彼女いわく、「こっそり食事を持って帰ろうとするお客さん」は多いという。もったいないから、という理由は分かるものの、衛生面を徹底している旅館業において、食中毒などの問題が起きてから、では遅いのである。

つまり、断腸の思いで「ご遠慮ください」と断っている。

それに対し「ケチだなぁ」とか「マニュアル女が」などと言われたこともあるらしく、これいかに…。

ちなみに仲居さんを呼ぶときにも、そのお客さんの人となりが出るという。印象が悪いのは「おい」や「手を叩く」「グラスを箸で叩いてチーンで呼ぶ」など。意外や意外、けっこうそういう人は多いらしいのだ。

【私は、こういう客でありたい】
まずは残さず食べ、おいしかった時は素直にそう伝える。

case 02.
「お前、声かけろよ〜」
「うちの息子、どうかしら?」

ざっくりいうと、プライベートの強要である。

アドレスやメッセージ交換を狙ってくる人がいるのはなんとなく想像していたものの、とくに男性ひとりのお客さん(しかも予約なしの当日ウォークイン)はこのパターンが多いとか。あとは、春休みにくる男子5人グループはややこしいらしい。「お前が声かけるって言ったじゃないかー(ニヤニヤコソコソ)みたいのがあり、怒涛のスケジュールで仕事をしている側としては、それなりにめんどくさいという。

当然、お客さんなので邪険にもできないし「逃げられない」という表現を彼女は使っていた。

そして興味深かったのが、自分の息子のお見合い写真を持ってくる人がいる、というものだった。写真だけならまだしも「息子、登場!」みたいなパターンもあるらしく、これは相当困るに違いない。「優しい子なの。どうかしら?」と言われても…。

悪意がないだけに、下ネタをぶっこんでくるおじさんより強敵かもしれない。

【私は、こういう客でありたい】
一定の距離感こそ、長くいい関係が続く秘訣であることを肝に命じる。

case 03.
「本官、脱ぐであります」な警察官
「到着が遅れそうです」な教師

05e8481b0f35b974abedb8b9843f7c8679742ba6

彼女の名誉のために「すべての人ではないのですが…」という前提は置きつつ、よくある話(宴会・団体編)を聞いてみた。

・警察官はだいたい脱ぐ
・半裸ではなく、全裸になりたがる
・そして見せたがる

・教師の団体は、ほぼ時間を守らない
・集まりが悪く、開始も遅れ、終了も遅れる
・5分前行動とはなんだったのか

・お坊さんの団体が実は一番タチが悪い
・多少の下ネタには慣れてるけど、お坊さんのは引くレベル
・仲居さんをコンパニオンだと勘違いしてる

あくまでも彼女の印象なので、悪しからず。ちなみに、すごく印象がいい団体もあるとか。

・見た目はチャラいけど、美容師団体はマジメ
・体育系なのか、挨拶・時間厳守が徹底されていた
・食事を残さず食べてくれた

・見た目はゴツいけど、建設関係の人たちは謙虚
・悪酔いした仲間がいたら注意したり、部屋に連れていく
・集まりも早いし、引きも早い

…なんか分かる気がする、と思ってしまったのは私だけ?

ちなみに、直接仲居さんに迷惑をかけるわけではないものの「40〜50代の同窓会の盛り上がりは、いろいろな意味でやばい」という彼女の言葉もすごく興味深い。ただし多くは語らず。

【私は、こういう客でありたい】
自分のイメージ=団体・職種・出身地のイメージにつながってしまうことを理解した上で、最大限に楽しむ。

case 04.
「将来は女将さんになるの!?」
「先輩に怖い仲居さんいる!?」

ドラマの見すぎである。

【私は、こういう客でありたい】
100回以上聞かれているであろう質問はしない。

case 05.
音信不通

4a84bfc56a601537448b0fbf2477b358041c36c3

楽しい楽しい旅行。目の前のものに夢中になってしまうことは分かる。

だけど「ちょっと遅れます!」→3時間以上連絡が取れない、とか予約だけしてそのまま音信不通、はさすがにつらい、というのが彼女の主張。そりゃそうだ…。

【私は、こういう客でありたい】
時間を守ることで、最高の食事、サービスを体験する。

 きっかけは祖父でした。「『男はつらいよ』を観ていれば、いい子に育つ」という、なんともおもしろい考え方をする人で、実際に私は幼い頃から祖父母の家に行くと、...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
(前編)では、シンフロの音ができあがるまでの舞台裏や、地方との取り組み、地元にも愛されるPRコンテンツについて話してくれた、クリエイターの清川進也さん。後...
大切な奥さんには、やっぱり「素敵!」って思われたいですよね。
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
人気バンド・Czecho No Republicのメンバーであり、モデルとしても活躍中のタカハシマイさん。そんな彼女の鋭敏な感性に触れた5つの“フェイバリ...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
熊本県在住のアマチュア写真家である89歳の西本喜美子さんが、はじめてカメラに触れたのは72歳のとき。ユニークな写真で有名な彼女にいろいろと質問してみたとこ...
落語と並ぶ日本の伝統芸能、「講談」。“そのものの良いところを発掘して伝える”という特性を活かし、全国各地の魅力を講談で伝えている田辺鶴遊さんにインタビュー...
ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなので...