ミックさんの写真が欲しい!

ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。TABI LABOでも撮影をよくお願いしているけれど、主に広告写真のフィールドで活躍しているため“作品”として彼の写真を見ることはあんまりなかった。

そんなミックさんが販売会を兼ねた写真展をやるというので、一足先に販売作品を見せてもらった。

結論、この写真欲しいです。

とくに下の10枚目のビーチのやつ。ちょうど自宅の廊下の壁が寂しいので、飾りたい。

白くモヤモヤっとした風景が涼しげでイイ。

©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ

一応、テーマは旅となっているが、インドやキューバで撮影されたものもあれば、近所のマンションや公園の風景もある。遠い異国の地でも渋谷でもミックさんのテンションは変わらない。

さて、そんなミックさんこと宮川ヨシヒロの写真展『Call me, MIC』は、この8月2日(木)〜8月16日(木)。池尻大橋駅出てすぐのBPMにて。

今回はプリント以外にも、アクリル、キャンバス、タペストリーなどフォーマットを選んで購入可能とのこと。

気になる価格は2万〜10万円ぐらい(本人談)。

楽しみ!

フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
熊本県在住のアマチュア写真家である89歳の西本喜美子さんが、はじめてカメラに触れたのは72歳のとき。ユニークな写真で有名な彼女にいろいろと質問してみたとこ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録す...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
11月3日(土)からはじまったライトアップイベント『FLOWERS BY NAKED 2018-京都・二条城』に、先週末2000人もの観光客が並びました。...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...