ミックさんの写真が欲しい!

ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。TABI LABOでも撮影をよくお願いしているけれど、主に広告写真のフィールドで活躍しているため“作品”として彼の写真を見ることはあんまりなかった。

そんなミックさんが販売会を兼ねた写真展をやるというので、一足先に販売作品を見せてもらった。

結論、この写真欲しいです。

とくに下の10枚目のビーチのやつ。ちょうど自宅の廊下の壁が寂しいので、飾りたい。

白くモヤモヤっとした風景が涼しげでイイ。

©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ

一応、テーマは旅となっているが、インドやキューバで撮影されたものもあれば、近所のマンションや公園の風景もある。遠い異国の地でも渋谷でもミックさんのテンションは変わらない。

さて、そんなミックさんこと宮川ヨシヒロの写真展『Call me, MIC』は、この8月2日(木)〜8月16日(木)。池尻大橋駅出てすぐのBPMにて。

今回はプリント以外にも、アクリル、キャンバス、タペストリーなどフォーマットを選んで購入可能とのこと。

気になる価格は2万〜10万円ぐらい(本人談)。

楽しみ!

ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
十代目 松本幸四郎とメイクアップ・アーティストの鷲巣裕香が現代風の歌舞伎化粧に挑戦した写真展「Kesho」が「銀座 蔦屋書店」にて来月2日(日)まで開催中だ。
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
10月26日と27日の2日間、食べることをテーマにした「もぐもぐ展」が「デザインフェスタギャラリー原宿」にて開催される。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やInstagramのフォロワー数は1...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...