ミックさんの写真が欲しい!

ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。TABI LABOでも撮影をよくお願いしているけれど、主に広告写真のフィールドで活躍しているため“作品”として彼の写真を見ることはあんまりなかった。

そんなミックさんが販売会を兼ねた写真展をやるというので、一足先に販売作品を見せてもらった。

結論、この写真欲しいです。

とくに下の10枚目のビーチのやつ。ちょうど自宅の廊下の壁が寂しいので、飾りたい。

白くモヤモヤっとした風景が涼しげでイイ。

©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ

一応、テーマは旅となっているが、インドやキューバで撮影されたものもあれば、近所のマンションや公園の風景もある。遠い異国の地でも渋谷でもミックさんのテンションは変わらない。

さて、そんなミックさんこと宮川ヨシヒロの写真展『Call me, MIC』は、この8月2日(木)〜8月16日(木)。池尻大橋駅出てすぐのBPMにて。

今回はプリント以外にも、アクリル、キャンバス、タペストリーなどフォーマットを選んで購入可能とのこと。

気になる価格は2万〜10万円ぐらい(本人談)。

楽しみ!

関連する記事

ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
本日から11月13日(金)までの3日間、“TOKYO is YOURS”という正体不明のグラフィティ写真を集めた展覧会が「キンプトン新宿東京」で開催。
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
十代目 松本幸四郎とメイクアップ・アーティストの鷲巣裕香が現代風の歌舞伎化粧に挑戦した写真展「Kesho」が「銀座 蔦屋書店」にて来月2日(日)まで開催中だ。
心をくすぐるフレンチファッションを展開する「アニエスベー」。現在、彼女にとって日本初の写真展「5 days in Moscow, 1987」が開催されている。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。」。そんな想いをずっと心のなかに持ち続け、これまで世界中の少数民族を撮り続けてきたヨシダナギ氏。彼女の審美眼...
新型コロナウイルスの影響で2020年の開催が中止となった美術館「えき」KYOTOでの「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」が、2月1...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...