ミックさんの写真が欲しい!

ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。TABI LABOでも撮影をよくお願いしているけれど、主に広告写真のフィールドで活躍しているため“作品”として彼の写真を見ることはあんまりなかった。

そんなミックさんが販売会を兼ねた写真展をやるというので、一足先に販売作品を見せてもらった。

結論、この写真欲しいです。

とくに下の10枚目のビーチのやつ。ちょうど自宅の廊下の壁が寂しいので、飾りたい。

白くモヤモヤっとした風景が涼しげでイイ。

©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ
©宮川ヨシヒロ

一応、テーマは旅となっているが、インドやキューバで撮影されたものもあれば、近所のマンションや公園の風景もある。遠い異国の地でも渋谷でもミックさんのテンションは変わらない。

さて、そんなミックさんこと宮川ヨシヒロの写真展『Call me, MIC』は、この8月2日(木)〜8月16日(木)。池尻大橋駅出てすぐのBPMにて。

今回はプリント以外にも、アクリル、キャンバス、タペストリーなどフォーマットを選んで購入可能とのこと。

気になる価格は2万〜10万円ぐらい(本人談)。

楽しみ!

ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...