心が震える「サッカー選手の後ろ姿」写真展

一度足を運んだ者として断言できる。

サッカーファンなら、感情を揺さぶられないはずがない写真展だ。

アスリートの情動は、その背中に。

©Itaru Chiba

東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉格氏の初となる個展。選手の「背中」にフォーカスした異色の写真展だ。

「表情がはっきりと写し出されて輝く写真はたくさんあるが、そこに存在する感情が限定されてしまう。感情を想像する余地が残されているからこそ、後ろ姿はおもしろい」と氏は言う。

しかも、それぞれの写真に
「ストーリー」が綴られる

©Itaru Chiba

WEBはおろか、雑誌でもお目にかかれない迫力と色鮮やかさを放つ写真は、それだけで足を運ぶ価値がある。ただし、この写真展のすごみは、それぞれの写真に文章が添えられていることにある。このシナジーがとんでもない。

写真を眺めてから文章を読む。そして再び写真に目をやると、初見のときとはまったく違うメッセージが伝わってくるから不思議だ。

©Itaru Chiba

「あくまでも写真が主役」と言わんばかりの繊細で奥ゆかしいキャプションは、DAZNのセリエA解説でもおなじみ、スポーツライターの細江克弥氏によるもの。

ちなみに、ここで綴られるストーリーは“説明”でもなければ、“正解の解釈”というわけでもない。あくまでも“こんな物語もあるかもしれない”という一例にすぎない。

見るものが自由に思いを巡らせていい。

©Itaru Chiba

個人的にもっとも刺さったのがこの作品。2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会の準決勝。相手はドイツ。ホスト国を待ち受けていた運命は……この記事を読んでいるようなサッカーファンなら知っての通り。

大勢のフォトグラファーが“向こう”に集結するなか、整列したセレソンの背中を捉えた一枚には「自分の写真の価値を常に考えている」という千葉氏のスタンスがよく表れていると思う。シンプルに、こんなアングルは見たことない。

さて、あなたがこの写真に感じるのは、王国の威信か。はたまた強烈なプレッシャーか——。

どのようなストーリーが綴られているかは、ぜひ会場で確かめてほしい。

【写真家たちの新しい物語】
千葉格 報道写真展「BACK-GROUND」文・細江克弥


期間:2月6日(木)まで
時間:10時~19時(最終日16時まで・入館終了10分前まで)
会場:東京都港区赤坂9-7-3 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2
入場料:無料
作品点数:全紙・全倍サイズ、カラー、約40点
主催:富士フイルム株式会社

Top image: © Itaru Chiba

関連する記事

ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。