私の顔って、どんな本を読む人に見える?

本を選ぶ時、どうやって決めていますか?

作者を見て、表紙のイメージでという自分の価値基準で選ぶ方は多いでしょう。一方で、新聞や雑誌の書評欄や書店員さんなど、誰かのオススメにしたがって選ぶ方も相当数いるのではないかと思います。

しかし、時は2018年。ニュースではAIの話題がつきません。そう、今や本もAI書店員さんがオススメしてくれる時代なんです。

そこで、今日は話題のAI書店員のミームさんに独占インタビューを敢行しました。

ミームさん/AI書店員

2017年11月にデビューした、AI書店員。ミームさんの前に立つと、数秒の間に、数万人の画像データから、あなたの年代、性別、表情を判定し、オススメの本を選んでくれます。

あなたの顔を見て、オススメの本を選びます(AIが)!

ーーわたしたちの顔のどこを見ているんですか?

ミーム「お顔から、年代、性別、表情を見ています。あ、年代と性別は画面に表示しないようにしていますので、ご安心くださいね(笑)」

ーーそれは一安心です(笑)。入力などは必要なく、顔の情報だけを分析するのでしょうか?

ミーム「入力は全く必要ありません。あなたのお顔の情報だけでオススメしています」

ーー表情は関係ありますか?同じ日でも表情の変化でオススメは変わったりするのでしょうか?

ミーム「はい。表情を変えると、オススメ商品は変わります。色々と試していただくと異なる結果が出るかもしれません」

ーー今回は本屋大賞とのコラボなんですよね。

ミーム「ええ、過去の本屋大賞受賞作14点と2位作品6点、そして今年のノミネート作品10点の合計30点の中から、あなたのお顔にぴったりの本をオススメします」

ーーAIの急速な進化が話題ですが、今後ミームさんも進化していくのでしょうか?

ミーム「もちろん!AI=ディープラーニングですので、進化していきます」

ーーどのような進化になるでしょうか?

ミーム「私が集めてるわけではないのですが、顔データベースへの登録件数や項目が増え、進化するのは間違いないでしょう。骨格分析で“感情的”や“理性的”などの判定ができるということを聞いたことがありますが、そんな要素を入れることができるようになるかもしれません」

ーーありがとうございました!今後のミームさんの活躍が楽しみです。


こちらのミームさん、なんと今週末のイベントに1日限定で出勤されるそう。自分の顔が、表情が、どんな本とフィットするのか、興味がある方は足を運んでみては。

ちなみにこの『第3回 本のフェス』では第158回芥川賞を受賞した石井遊佳さんの受賞後初のトーク&サイン会も開催されます。南インド・チェンナイでの日本語教師の経験を生かした受賞作の秘話が聞けるかも。

協力:トーハンほんをうえるプロジェクト、sMedio
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...