本の「書き出し」だけで作られたwebサイト。次に読む一冊は、最初の一行で決める!

特にお目当てがあるわけではなく、気に入った本を買おうと書店に行く。そんなとき、あなたはどうやってその一冊を選びますか?

作家?それともタイトル?もしかしたら、表紙の雰囲気で選ぶ人もいるかもしれません。そうそう、帯のコメントだって大事な要素ですよね。

でも、ここで紹介するのはそのいずれにも該当しない、まったく新しい本の探し方なんです。

出だしよければ、すべてよし

kakidashi」は、文字通り様々な本の「書き出し」が掲載されているwebサイト。最初の一行だけで気になる一冊を選んでもらう、少し変わった選書スタイルを提案しています。

ちなみに元ネタは、2012年に紀伊國屋書店 新宿本店で開催された「本のまくらフェア」。作家が思いを込めて考えた「書き出し」=「まくら」を手立てに、直感で本を選ぶという取り組みが大好評だったことを受け、webの世界でも再現されたのだとか。

スクロールするたびに、「書き出し」が次々に登場。

気になったものをクリックすれば、作家やタイトルなどの情報がチェック可能。レビューページへも移動できます。

書き出しでつながる
不思議な出会い

少し大げさかもしれませんが、偶然目にした書き出しがキッカケとなって、あなたの生き方が変わることだってあるかもしれません。まずはココから、ビビっとくる一行を見つけてみては?

Licensed material used with permission by kakidashi
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
自分だけの「本当のことば」を、さがしちゃう。
タイプ別のオススメ「吸水型ショーツ」をご紹介。素材、機能、デザイン……あなたは何で選ぶ?
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...