「本を読むと賢くなる」って、本当なの?

たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。

本は僕たちのイマジネーションを膨らませ、素敵な世界へと連れていってくれる最高のツールですが、ここでは勉強法のカリスマ、山田浩司さんの著書『10万人が難関資格試験を突破した 受かる勉強33のルール』より、よく言われる「家に本がある家庭の子どもは賢い」というテーマについて見ていきたいと思います。

42ヶ国で
学力に「差」

「オックスフォード・ジャーナル」に掲載された論文「Scholarly Culture and Academic Performance in 42 Nations」によれば、全世界42ヶ国のすべてで、家庭内にある本の数が多ければ多いほど、子どもの学業成績は明確に向上することがわかったと言います。

国の貧富に関係はないものの、貧しい家庭ほど、1冊に対する効果が大きい、というのも興味深いところ。

大卒の親より
家にたくさんの「本」

しかし、関連性があると言っても、

・本があるから子どもの成績が上がったのか
・学力のある子だから家庭に本が増えたのか

その違いまではわかりません。

さらに、読書が趣味の子ども6,000とその知能の相関関係を調べた「Reading for pleasure puts children ahead in the classroom(快楽としての読者は子どもたちを教室で際立たせる)」という研究では、明らかに読書好きの子どものほうが学校の成績が優位で、とくに国語と算数においてその差が顕著に。

読書量が多く、定期的に図書館へ行き、新聞も読む子どもたちの学力向上は、大卒の親がいることによる学力向上より、4倍も大きかったのです。

幼児期の読み聞かせより
中学時代の「読書週間」

ちなみに、よく幼児期の読み聞かせが子どもの知能を高めると言われていますが、じつは幼児期よりも、中学生時代の読書習慣のほうが影響は大きいそうです。

読書によって養われる読解力、思考力、表現力、語彙力、情報の吸収力、は国語だけでなく算数の成績も向上させるのです。

幼児期に本の読み聞かせをやってもらえなかった人でも、大丈夫。今からでも「読書週間」を身につけるようにしましょう。

彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
かっこいいのに頭が良くてモテモテで、社会に出てからも高収入で…なんて人、そうそうお目にかかれるものじゃありません。そもそも「ルックス」「学力」「収入」に相...
日本ではよく、一番上は面倒見が良くて責任感が強い、末っ子は要領が良くて甘えんぼう、ひとりっ子はおっとしている、など出生順位による性格分析がありますが、学力...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
この4種類をデスクに常備しています。
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
メリットだらけ、です。
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
誰でも、頭に知識を詰め込む作業はしなければいけません。「AsapSCIENCE」で紹介している、記憶力を伸ばす方法を試してみるのはいかが?例えば、水を飲む...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
僕はこれまで、4,000人以上の人たちのビジネスコーチング、メンタルトレーニング、キャリアデザインのカウンセリング、英会話や資格試験などの学習トレーニング...
イタリアのPq Design StudioがつくったLastwordは、最後に読んでいた単語を記録できる便利なもの。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...