図書館で1日12時間猛勉強!名門ケンブリッジ大に合格したホームレス

「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを勝ち取った元ホームレス、そして、手厚いサポートで彼をバックアップした、あるカレッジ。どちらかが欠けても、この成功はあり得なかったようです。

130815-a-level-results-coleg-cymoedd-15_500x320

記事によると、夢を掴んだ彼の名前はJacob Lewisさん(22歳)。じつは彼、すべての教科で最高評価となるA評価を獲得(StraightA*)するほどの秀才。もちろん、努力あってのことですが。ただ、 Lewisさんの人生は、決して順風満帆なものではなかったようです。

英カーディフ地方の小さな街セント・メロンズの公団住宅で育ったLewisさん。家は貧しく生活するのがやっと。いじめられっ子だった彼は学校をさぼりがちで、「中学1年の時の出席率は20%にも満たなかった」と、Lewisさんを子供の頃から知る生活指導員は「WalesOnline」の取材に答えています。と言うのも、貧しさのあまり彼の家庭はこの頃より空中分解しかけていたそう。
そんな境遇にありながらも、彼は17歳にしてカーディフ大学へと進学を決意。ところが、数ヶ月で大学を辞めてしまいました。

「家族は本当に貧しい生活だったんです。街の明るさにいつもあこがれていたくらい。学生をやめて常勤で働いている友人もいて、ボクも本当にお金が必要でした。大学の授業料が3倍になると聞いて、もう、これ以上借金をしてまで学校にいることはできないと思ったんです」

生きていくために「学ぶよりも働く」ことを選択したLewisさんの心境を「Pulptastic」が伝えています。
バラバラになった家族と住む家を失った彼は、友人の家を点々としながら時給6.5ポンドで保険会社の債務部署で仕事を開始。そうして3年の月日が流れました。友人たちが大学卒業を迎えたとき、心の底にしまっておいたはずの感情が再び沸き起こり、「お金と住む場所を得たことで快適さを感じていた。自分は大学から逃げ出したようなもの」だと感じたそう。

一日12時間、
図書館を無料開放
さらにホテルまで!?

imageGen

21歳のとき、彼は「苦学生のための奨学金制度」がある大学「Coleg Y Cymoedd」の門を叩きます。3年のブランクがあるにもかかわらず、彼のポテンシャルは「オックスブリッジ(オックスフォード大学とケンブリッジ大学の造語)」レベルにあることを予感させた。と、Coleg Y Cymoeddプレスリリースに学生コーディネーターIan Rees氏は、Lewisさんの並外れた成績から直感的にそう感じたと言います。

学校側は一日12時間、彼のために時間を延長して図書館を無料開放。さらには、奨学金を用意し、彼の交通費から生活費、さらには行き場がない時のために、ホテルまで確保する高待遇ぶり。
手厚いサポートを受けながら、難関突破のために猛勉強を開始したLewisさん。数々の試験をパスしてついに、2015年8月13日ケンブリッジ大学法律科から、彼の元へと入学を許可する通知が届きました。

感謝しきれない思いを述べるLewisさん、リリースの最後には、Coleg Y Cymoedd校のJudith Evans学校長のこんなコメントが添えられています。

「彼の優秀な成績と2年間に及ぶハードワークは、サポートするのに十分な価値があると思いました」

英才教育のための万全の環境、惜しみないサポートでエリートを輩出させるColeg Y Cymoedd校。ホームレスからエリート大学生へ。ビッグドリームを完成させた立役者は、この学校の教育方針とも言えるのではないでしょうか。

 Reference:Pulptastic , WalesOnline
Licensed material used with permission by Coleg y Cymoedd

世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
高校3年生の子どもを育てているルイーザさんが、何気なくある画像をSNSに投稿したところ、15万を超えるいいねがつき、まさかの展開に……。一見、人気作家の絵...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
誰でも、頭に知識を詰め込む作業はしなければいけません。「AsapSCIENCE」で紹介している、記憶力を伸ばす方法を試してみるのはいかが?例えば、水を飲む...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...
9月12日、都内にて、創業150年のだし専門店「マルハチ村松」から発売された『やいづ善八やきつべのだし』のプロモーションイベントの一環として「だし勉強会」...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
藤本 太一 Taichi Fujimoto日本の大学を卒業後、イギリスのウェストミニスター大学院に留学。卒業後、イギリスでHappiness Archit...