オーストラリアで図書館向けの「常勤ソーシャルワーカー」が雇用され話題に

オーストラリアのメルボルン市議会が、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用したというニュースが話題になっている。

同市議会がソーシャルワーカーを雇った背景には、現代における図書館の“新たな役割”が関係しているのだとか。

地元メディアによると、メルボルン市内の図書館は多くのホームレスにも利用されており、社会的弱者の“シェルター”的な役割も担っている。図書館でのソーシャルワーカーの雇用は、そんな事情を受けての市議会の判断だという。

サービスは、メンタルヘルスやDVなどといった問題を抱える人も対象だ。

このような動きは米国でも見られており、両国のこれらの判断が、今後、他国にどのような影響をもたらしていくのか注目したいところだ。

Reference: Government News
Top image: © iStock.com/newannyart
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...