オーストラリアの公立学校で始まる「欠食」の改善策

オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、州内の500を超える公立学校を対象に朝食を提供するサービスの開始を決定。オーストラリア最大のフードバンクと提携し、休日を除いた毎朝、朝食を届ける。

これは、経済的に貧しい家庭の子供たちを中心に広がる「欠食」を改善する取り組み。予算委は、このプロジェクトに800万ドルを投入する考え。まずは、所得の低い地域の学校から優先的にスタート。授業前に栄養価の高い食事を摂ることで、身体面や精神面の両方にポジティブな効果を生み出すことも狙いだ。

この取り組みは、2019年のいまも先進国でさえ抱える貧困の問題に食事の提供というだけでなく、各家庭が忙しい朝の時間を有効に使えるようになる点でも満足度の高いプロジェクトだろう。

Top image: © iStock.com/monkeybusinessimages
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
オーストラリアのフリーマントル市議会は、市内における「バルーンリリース」を禁止する条例を可決。港湾都市として、海や海洋生物など環境に配慮した政策に取り組む。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...