今のティーンエイジャーは、授業中に紙を回さない!?

先生が板書している隙に、サササッと友だちにメモを渡す。あのキョロキョロ具合は万引きをするかのよう。思春期って、とにかく反抗したいお年頃なんですよね。授業中に全然関係ないことをしちゃいます。

今振り返ると、なんで必死にあの紙を回していたのかはわかりません。

でも、アメリカのティーンエイジャーは今、そんな経験をしていない様子。

同国のカルチャー誌「The Atlantic」によれば、彼らは紙を回す代わりに、Google ドキュメントを使っているといいます。

先生の目を盗むことなくゴシップを楽しんでいるのです。改めて言われると「へ〜、そうなんだ〜」と思いますが、デジタルネイティブだと考えると納得できます。

これが、いわゆるジェネギャ??

Top image: © SpeedKingz/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカで逮捕されたティーンエイジャー。銀行強盗を理由に逮捕されましたが、その逃走方法に時代性を感じます。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
スラングの意味を定義するのはかなり難しく、また時間がかかってしまうのが理由なのだとか。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
幼少期に十分な睡眠をとらないでいると、肥満のリスクが高まるという研究結果は、以前から問題視されてきたこと。けれど夜更かしを自業自得、とただ本人のせいにして...
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、州内の500を超える学校を対象に朝食を提供するサービスの開始を決定。オーストラリア最大のフードバンクと提携し、...
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
2020年からイギリスの学校で、生徒たちは「フェイクニュース」について学ぶことになるという。政府が発表したとイギリスメディアが報じている。BBC」によると...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
美しいドレスですが、これ、「紙」でできているんです。タイトルは「World Brides」。ロシア人アーティストAsya Kozinaさんによる作品です。...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。