Z世代は、もっとも孤独な世代である。

団塊世代、ベビーブーム、新人類、バブル、ゆとり、さとり…それぞれ当時の世相を表す上手いネーミングがつけられたものです。

アメリカでは、最近だとY世代(2000年以降に成人した人)を別名称で表す「ミレニアル世代」というのをよく耳にしますが、今やY世代も社会人。

その下の層、今の10代でもあるZ世代「ポスト・ミレニアル世代」に注目が集まっています。特にY世代や以前の世代たちと比較してみると、より孤独で、引きこもりの傾向があるということが研究調査で分かりました。

Z世代と他の世代と比較

1995年から2005年生まれのZ世代は「スマートフォン世代」などとも言われています。では、デジタル・ネイティブと言われていたY世代や、以前の世代たちと彼らはどのように違うのか?

FORTUNE」の記事によると、今の高校3年生であるZ世代は、2009年に中学生だったY世代より、家族と外出する時間は減り、友達と過ごす時間も減っていることが分かります。また、2015年に「恋愛している」と答えた現役の高校生は56%で、これはX世代やベビーブーム世代が高校生の時のデータから30%も低下していました。

Z世代のアルバイト経験も低下しています。例えば、1970年代後半では77%の高校3年生が学生のうちにアルバイト経験があるのにも関わらず、2010年代では55%に低下。他の世代と比べて、家族、友達、恋人、そして社会と過ごす時間が全体的に減っていることが顕著なのがZ世代。

では、彼らは一体、誰と過ごしているのか?

Z世代にとってのスマートフォン

サンディエゴ州立大学の心理学教授Jean M. Twengeによる「The Atlantic」の記事での考察によると、2012年は大きな分岐点となっているとのこと。

2008年の経済危機を乗り越えた時期で、裕福に戻りつつあった時代、また2012年はアメリカでのスマートフォン保持率が50%以上になった年でもあります。さらには、デバイスそのものだけではなく、ソーシャルメディアが生活の一部になってきたのがこの時期。

そう、Z世代は、もはや高校に上がる前にInstagramのアカウントをすでに持っていた。そのため、2012年から10代を過ごしている世代としては、スマートフォンが生活、いや、彼らの体の一部となっていると言っても過言ではありません。

Jean教授は、「スマートフォンと精神的な問題には少なからず因果関係がある」と強調。幸福を感じることが明らかに減少し、鬱病や自殺へと向かわせる要因にも、と。

初めてiPhoneが発売された2007年を軸にしたグラフでも、孤独感が一気に増したり、不眠症も増加傾向にあることから、Jean教授の言葉に少なからず重みを感じてしまいました。

ソーシャルメディアにおいての交流では、今何が起こっていて、みんなが何しているのかに乗り遅れてしまうのが分からぬままにいるFOMO(Fear Of Missing Out)という恐怖や、不安が止まらないことが原因の一つでもあるようです。

Z世代の「孤独」を
社会が受け入れるために

ただし、無理に社交性を引き出すようなやり方もいかがなものか。状況に合ったコミュニケーションが取れれば十分、とも思います。例えば、引きこもる方がラクな人のためのリモートワークを拡充させたり、面と向かっての交流が苦手であれば、チャットベースで連絡を取り合えるシステムを用意するなど、お互いに歩み寄れる方法はいくらでもあるはず。スマホネイティブの才能が、この時代において不要なはずがないのですから。

「最近の若いヤツは…」なんて言葉、いつの時代にもありますよね。もちろん完璧に分かち合えるのかといえば、そうは上手くいかないもの。けれど、これからの未来を担う若者たちの生き方に社会がオープンになれれば、Z世代が感じていると言われている孤独感だって、もっとラクになるんじゃないでしょうか。

関連する記事

あえて目立つように作られたカラフルで星型のニキビパッチ。肌色で隠していた従来のものに反して、パッチで顔をデコるというポジティブな方法がZ世代に刺さり人気を...
Z世代の「スタイルやジャンルに固執せず、あらゆるアイテムやブランドを柔軟に使いこなす」という自由なファッションスタイルを体現する新たなレーベル「ビームス ...
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
スイスの香料会社「Firmenich」が抱える調香師と、ロンドンのデザインスクール「Central Saint Martins」の学生が協働して、「フレグ...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
落語家の桂枝之進が主宰する「Z落語」が、渋谷の街で伝統と未来がコネクトする実験的イベントを2020年12月19日(土)・20日(日)に開催。
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
23~26歳の若手社員4人による新ブランドの1号店「オリエンス ジャーナルスタンダード シブヤ」が、渋谷・神南に3月20日オープンする。
社会や自然の問題に取り組むアウトドアギアブランド「Cotopaxi(コトパクシ)」 が、 日本での本格展開をこの春スタート。
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
本記事では、さとり世代の年代や意味、さとり世代の人に多く見られる特徴10個などをご紹介しています。また、会社にいるさとり世代の後輩との付き合い方に悩んでい...
世界的な調査会社「ギャラップ」がおこなった、性的指向に関する2020年の最新調査によると、アメリカの成人の5.6%が、LGBTを自認。「自分がLGBTであ...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBM...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
アライ(Ally)とは、“同調者、支持者、協力者”を示す英単語で「LGBTQ+当事者たちに共感し、寄り添いたいと思う人」を表す際にも使われている。近年では...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...