ミレニアルズとZ世代にクラシックブームが到来中!?

“大人が聞く高尚な音楽”というイメージが強いクラシック音楽であるが、現在若者たちの間でも人気が高まっているらしい。

ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団、英国レコード産業協会、音楽配信サービス「Deezer」の共同研究によると、10年前、30歳未満のリスナーはわずか10分の1であったクラシック音楽が、去年には18〜25歳が3分の1を占めるほどの人気になっているらしい。

また今年3月に起きた世界的なロックダウンの影響を受けて、心を落ち着かせるクラシックの需要が高まり、クラシック音楽の再生が3か月で11%も上昇したのだとか。

「Deezer」における再生データでは、もっとも人気があるのはモーツァルトとバッハ。マルタ・アルゲリッチ、カティア・ブニアティシヴィリなどの女性ピアニストも人気があるという。

さらに若い世代による現代クラシックを集めたプレイリスト「Classical Goes Pop」やチルなピアノ音楽を集めた「Calm Piano」などのプレイリストを通しても多く再生されているようだ。

実際に穏やかさや幸福感に大きな影響を与えているとされるクラシック音楽。不安な要素が多い昨今の状況で、音楽へ求めるものが変化しているのかもしれない。

Top image: © iStock.com/bizoo_n
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
あえて目立つように作られたカラフルで星型のニキビパッチ。肌色で隠していた従来のものに反して、パッチで顔をデコるというポジティブな方法がZ世代に刺さり人気を...
Z世代の「スタイルやジャンルに固執せず、あらゆるアイテムやブランドを柔軟に使いこなす」という自由なファッションスタイルを体現する新たなレーベル「ビームス ...
落語家の桂枝之進が主宰する「Z落語」が、渋谷の街で伝統と未来がコネクトする実験的イベントを2020年12月19日(土)・20日(日)に開催。
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
アメリカのマーケティングエージェンシー「Moosylvania」は、「Milleniall's Top 100 Brands(ミレニアル世代の人気ブランド...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
23~26歳の若手社員4人による新ブランドの1号店「オリエンス ジャーナルスタンダード シブヤ」が、渋谷・神南に3月20日オープンする。
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
このところ、NYやLAに暮らすミレニアル世代の若者たちを中心に、あるデリバリーサービスが大人気。それが宅配ピザやケータリングのお寿司なら、ここまで大きな話...
世界のミレニアル世代やZ世代から生まれた「ノンアルコール」ブーム。ドイツ発のプロテインビールや、ノンアルワイン、モクテルなど多様化するノンアル飲料。アメリ...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
世界的な調査会社「ギャラップ」がおこなった、性的指向に関する2020年の最新調査によると、アメリカの成人の5.6%が、LGBTを自認。「自分がLGBTであ...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
ヴァージル・アブローがメンズラインのディレクターを務める「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」が、9月2日、Z世代の必須プラットフォーム「Tik...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBM...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...