古くて新しい「電動クラシックカー」が88万円!

1930~60年代の自動車にインスパイアされたレトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。

手がけるのは、以前TABI LABOでも紹介したEV4輪ミニカー「NEXT CRUISER EV」など、バラエティ豊かなEV(電気自動車)を展開するメーカー「ブレイズ」。

今回の「EV CLASSIC」は、EVならではの走り出しからトルクフルな加速力を発揮し力強く走行。クラシックカーにありがちなエンジンの騒音もなく、住宅街でも安心して走ることができる。普通自動車免許があれば公道走行も可能だ。

さらに、100Vの家庭用コンセントからの充電ができてガソリン代もかからない。原付ミニカー登録となるため、車検・車庫証明が不要なこともメリット。

セカンドカーやサードカーとしてもおすすめだが、現代の都会暮らしには瀟洒(しょうしゃ)なスタイルのこの一台をメインに……もあり?

©ブレイズ
©ブレイズ

『EV CLASSIC』
【商品公式WEBサイト】https://portal.blaze-inc.co.jp/evclassic/
【サイズ】全長:2330mm、全幅:1170mm、全高:1160mm
【車両重量】約200kg
【航続距離】50km(※1)
【最大速度】50km/h(※2)
【バッテリー電圧/容量】60V/50Ah
【ボディカラー】4色:リフレクトシルバー、ノワールブラック、スモーキーグリーン、ミスティックレッド
【価格】88万円(税抜き) /諸費用は別途必要
※1:電走行距離(定地)の測定 / 乗員55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風
※2:乗員55kgの場合。負荷が増えることでバッテリーの負担は増加するため最大速度は変化します。
<主な注意事項>
・公道で走行する場合は普通自動車免許が必要です。
・走行前に必ず運転乗車前点検を実施してから走行してください。
・雨天時は走行を避けて下さい。
・商品写真はイメージです。撮影等により実際の製品と異なる場合があります。

Top image: © ブレイズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団、英国レコード産業協会、音楽配信サービス「Deezer」による共同研究によると、10年前、30歳未満のリスナーはわずか10...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
「Haaks Campers」が開発した新しいキャンピングカー「Opperland」なら、2階を展開したらあっという間に三角屋根の小さな我が家の完成。1階...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
スマホに直接接続して使える電動シェーバー「Plug Shave」。