古くて新しい「電動クラシックカー」が88万円!

1930~60年代の自動車にインスパイアされたレトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。

手がけるのは、以前TABI LABOでも紹介したEV4輪ミニカー「NEXT CRUISER EV」など、バラエティ豊かなEV(電気自動車)を展開するメーカー「ブレイズ」。

今回の「EV CLASSIC」は、EVならではの走り出しからトルクフルな加速力を発揮し力強く走行。クラシックカーにありがちなエンジンの騒音もなく、住宅街でも安心して走ることができる。普通自動車免許があれば公道走行も可能だ。

さらに、100Vの家庭用コンセントからの充電ができてガソリン代もかからない。原付ミニカー登録となるため、車検・車庫証明が不要なこともメリット。

セカンドカーやサードカーとしてもおすすめだが、現代の都会暮らしには瀟洒(しょうしゃ)なスタイルのこの一台をメインに……もあり?

©ブレイズ
©ブレイズ

『EV CLASSIC』
【商品公式WEBサイト】https://portal.blaze-inc.co.jp/evclassic/
【サイズ】全長:2330mm、全幅:1170mm、全高:1160mm
【車両重量】約200kg
【航続距離】50km(※1)
【最大速度】50km/h(※2)
【バッテリー電圧/容量】60V/50Ah
【ボディカラー】4色:リフレクトシルバー、ノワールブラック、スモーキーグリーン、ミスティックレッド
【価格】88万円(税抜き) /諸費用は別途必要
※1:電走行距離(定地)の測定 / 乗員55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風
※2:乗員55kgの場合。負荷が増えることでバッテリーの負担は増加するため最大速度は変化します。
<主な注意事項>
・公道で走行する場合は普通自動車免許が必要です。
・走行前に必ず運転乗車前点検を実施してから走行してください。
・雨天時は走行を避けて下さい。
・商品写真はイメージです。撮影等により実際の製品と異なる場合があります。

Top image: © ブレイズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
「Haaks Campers」が開発した新しいキャンピングカー「Opperland」なら、2階を展開したらあっという間に三角屋根の小さな我が家の完成。1階...
「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
先月、世界で初めて開発された「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」のプロトタイプを利用した実証実験の開始が発表された。
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団、英国レコード産業協会、音楽配信サービス「Deezer」による共同研究によると、10年前、30歳未満のリスナーはわずか10...
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
3月1日から「Jeep」がブランド初となる電動マウンテンバイクのプレオーダー受付を開始!
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
ロサンゼルスを拠点に電気自動車を開発するスタートアップ企業「Canoo」が、2022年に発売する予定の多目的EVバンを発表した。直線が目立つ近未来的なデザ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
スキンケアブランドの「Aēsop(イソップ)」のトイレ用消臭芳香剤「POST-POO DROPS(ポスト プー ドロップス)」です。