キューバの四重苦は本当だったけれど、シームレスな世界のなかで、むしろそれは楽しみになる。

キューバに行ってきた。

サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。

でもキューバは、普通の観光地ではない。渡航する直前、知人が「キューバは四重苦ですよ」と教えてくれた。

「四重?」

「そう。『インターネットが使えない』『クレジットカードが使えない』『英語が通じない』『レストランが美味しくない』」

本当かな?と思った。

でも東京から20時間以上かけて首都ハバナに到着し、Airbnbで予約した部屋に落ち着き、街を歩きまわってみると、知人の言ってたことは全部当たっていた。

携帯電話のデータ通信に必須の3Gの電波が、キューバ国内では飛んでいない。携帯はあっても、音声通話しかできない。ネットに繋ごうとすると、国営電話会社が売ってるWi-Fiカードを買わないといけない。ところがこの会社の支店はそんなに数がなく、行ってみると長蛇の列だ。下手すると1時間は待たされる。

おまけにWi-Fiの電波は、ホテル周辺など主要な場所にしかない。ハバナに着いて初めての夜に街を歩いていると、暗がりに人びとが群がって座っているのを見つけてびっくりし、「ポケモンGO?」と思った。スマホが使えないのに、そんなわけがない。みんなホテルの周囲の道路に座り込んでネットに夢中なのだ。

カードが使えないから、入国のときに空港で両替した。何と日本円からキューバのペソに替えてくれたのはびっくりだったけれど、実際にハバナの街をぶらぶら歩いてみると、お金なんてほとんど使わない。たしかに美味しくないけれど食事は安いし、街並みも人びとも素晴らしい。

欧米人中心の観光客は山ほどいるけれど、中心部を外せばハバナには静かな街区が広がっている。

ナイキとかサムスンとかトヨタとか、いまや世界中で見るメガカンパニーの広告看板なんか、旧市街のどこにもない。

どこまでもどこまでも、古いコロニアルスタイルの石造りの街並みが続き、石畳の路があり、どこからか音楽が流れてくる。

走ってるクルマの三分の一ぐらいは1950年代のアメリカのクラシックカーで、三分の一ぐらいは旧ソ連のラーダ。普通のクルマは三分の一ぐらいしか見ない。

貧しいけれど貧富の差が無い社会主義国のキューバで、街路はとても安全だ。夜の薄暗がりに危険のにおいはない。そのかわりに、やたらと皆が話しかけてくる。そういう国だ。

21世紀になって世界中がテクノロジの波で溢れ、インターネット接続どころかモバイル決済やシェアサービスをたいていの観光地で使えるようになった。世界はシームレスになっている。すべてはつながって、旅と暮らしの間、いまいる場所とどこか遠くの場所、それらの間に継ぎ目を感じる必要がなくなりつつある。

でもそういう時代だからこそ、「ここではない」という場所を感じることが時には大切だ。キューバは人の住まない極地でなければ、戦場でもなく、恐怖政治の国でもない。ごく普通の国で誰でも歩いて楽しめるけれど、「ここはどこなんだろう?」という異世界感をじゅうぶんに楽しめる。なんとも稀な国だ。

いまこことその向こう側の間の「継ぎ目」を実感させられるキューバ。このシームフルな国で、目をみはる経験を楽しもう。

ハバナの旧市街には、1950年代のアメリカのクルマがたくさん走っている。

街中のいたるところに革命家チェ・ゲバラの肖像がある。これは理髪店のガラス窓。「チェ風に切ってくれ」っていうお客さんがいるんだろうか?

海沿いには、古い倉庫を改造しておしゃれなビール醸造所ができていた。クラフトビールが旨い。キューバは急ピッチで観光化している。

国営スーパーには商品が品薄だが、街中に点在する小さな市場には野菜や肉があふれている。これからAirbnbのアパートのキッチンで、豚とトマトのシチューをつくる。

Airbnbで、旧市街の外れにあるアパートの4階の部屋を予約した。とても親切だったホストのダニアさん。出発の日も早朝なのに見送りに来てくれて、サルサの素晴らしいCDをプレゼントしてくれた。

メディアが取り上げるカラフルなクラシックカーとは一線を画したキューバの姿を撮る写真家Gillian Hylandさん。「Windows into Hava...
ラムと葉巻と音楽という、漠然としたイメージしかなかったキューバという国。アメリカとの国交回復ということもあり、「今のうちにキューバに行っておいたほうがいい...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
キューバを訪れた人が口を揃えて言うのが、独特の「おおらかさ」だ。観光客が訪れようと気兼ねなく、気楽に自分たちの日常を楽しむ姿がある。そこには、社会主義国な...
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
マンハッタンにある繁華街、ノリータ(North of Little Italy)は、ニューヨークで暮らすミュージシャンやモデルたちに愛されているエリア。そ...
旅に出て、世界とダイレクトにつながる―佐々木俊尚さんが考える、居場所を確認する旅 佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。後編の本記事で...
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
今回は3月16日にオープンしたばかりの「Banh mi Tokyo」。バインミー専門店のこちらのお店のパンは米粉100%を使ったグルテンフリー!化学調味料...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。でもそうやって歩い...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...