佐々木俊尚が実践!「昆虫を食べる」6つのメリット

みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?

栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段として注目されているという社会的背景もある。昆虫を食べるという行為を通して、さらに自然と一体化してみたいという気持ちもある。しかし何より大きいのは、自分の本能的な問いだ。

「虫って美味しいんだろうか?」

insecteater

そして最近、私はついに昆虫を調理して食べる経験を得た。コオロギにミールワーム、ゴキブリ(といっても日本のアレではなくアルゼンチン産で、見た目はアレほど怖くはない)。揚げたり炒めたりして実際に食べてみると、驚くほど美味しいのに驚かされた。

とはいえ虫を食べるのにはかなり勇気が必要だ。「気持ち悪い……」と二の足を踏む人も多いだろう。そこでこの心理的障壁を乗り越える方法を、「昆虫食伝道師」として活動している篠原祐太(http://yshinoearth.com/)に語ってもらうことにした。

4歳から昆虫食を始め、今は自宅で4万匹を超える虫と同棲している、昆虫食に魅力を世界に広めようと活動中の20歳の慶應大生だ。
彼は、昆虫食を実践すると得られる5つの喜びについてこう教えてくれた。


 01.
童心に返って
昆虫採集を楽しめる

大人になると、研究者やマニアでなければ昆虫採集することはなくなる。でも久しぶりに虫を探しに野原に出てみると、とても楽しいことに気づく。
夏になるとうるさく鳴き始めるセミ。夏の草原のバッタ。花見の季節が終わるとサクラの樹に沸いて出る毛虫は、まるで桜餅のように甘い香りがして美味しい。秋のコオロギ。
こうい虫たちをどうやって捕まえるか、童心に帰って知恵を絞ってみよう。

02.
お金がかからない

釣りや狩猟と違って、昆虫採集なら奥深い山中や渓谷、大海原に出る必要もない。都会にもたくさんいるし、大きな川の河原にでも出かければそこはバッタやコオロギなど、食べられる虫の宝庫だ。つまり交通費はほとんどかからないってこと。道具も、せいぜい虫取り網ぐらい。青虫みたいなゆっくりした動作の虫なら素手でもつかめる。虫かごだってなくても別に構わない。どうせ食べるんだから、ポリ袋でじゅうぶんだ。

03.
食糧を腐らせずに持ち歩ける

insecteater

東南アジアの田舎に行くと、生きたままのニワトリを持ち歩いてる人もいるけれど、日本では「生きた食糧」はそうかんたんには持ち歩けない。
でも虫なら小さいし、清潔な餌と一緒に空気の入るポリ袋やケースに入れておけば、バッグの中に入れて生きたまま持ち歩ける。

04.
サバイバル能力が高まる

災害や遭難の時に、食糧が欠乏すれば人は死んでしまう。虫を食べた経験がない人は、目の前に虫がいてもそれを「食糧だ」と思えないだろう。
でも昆虫食の経験があれば、いざというときに虫を食べて生き延びることができるかもしれない。さらに昆虫食の経験があれば、「何でも食べられるものは食べてしまおう」という気持ちになれる。道ばたに生えてる雑草でも食べられるようになる。サバイバルの可能性はますます高まるのだ。

05.
チャレンジ精神を獲得できる

insecteater

これが実のところ、昆虫食の最大のメリットだ。虫を食べるという行為に「気持ち悪い」「生理的に耐えられない」と思う人は多いだろう。でも実際に食べてみると、たいていの人は「あれ?意外に美味しいんじゃん」と驚く。

それまで持っていた先入観が壊れて、「なんだ、食べられるんじゃないか」と気づく。自分の先入観が壊される瞬間を、人は自分自身を題材にして目にするのだ。「先入観なんていつだって壊れるものなんだ」と知ることは、人生観を変え、さまざまなチャレンジを容易にしていくことになる。これは大いなるチャレンジの始まりだ。

自分の先入観をぶっ壊し、「いつでも自分はいろんなチャレンジができるんだ、先に進めるんだ」と会得するために、昆虫食という小さなチャレンジに手をかけてみよう。

06.
命を頂く実感が得られる

insecteater

私たちがふだん食べているものは、命のある動植物だ。にもかかわらず、命を頂くことを実感し、その命に感謝して食べるのは難しい。「食べ物」と「生き物」がまったく別物になってしまっているからだ。牛や豚や魚に比べ、多くの人にとって、虫は「生き物」としての側面が強い。そんな虫を食することで、命と向き合う感覚、命をいただく実感を味わうことができるのも昆虫食の大きな魅力だ。

地球上の食物連鎖の中で、他の動植物に生かされていることを実感するということは、生きる上でも大切な学びになるのではないだろうか。

国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
「GU」から、アロエ成分を配合したルームウェア「アロエラウンジシリーズ」が、8月24日より、GUの一部店舗及びオンラインストアで販売を開始。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
英国を拠点として活動する写真家Drew Gardner氏は、自身のプロジェクト「The Descendants」を通して歴史上の偉人にそっくりな子孫たちの...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA」が、「コオロギ醤油」を開発。来年1月8日まで実施しているレストラン開業へ向けたクラファンページなどで入手可能。
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
旅に出て、世界とダイレクトにつながる―佐々木俊尚さんが考える、居場所を確認する旅 佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。後編の本記事で...
米イリノイ州スプリングフィールドの教育委員会は、リモート授業であってもパジャマで授業を受けることを禁止し、登校時と同じ格好をするよう学生に求めている。
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
「昆虫食」を販売する自動販売機が、輸入食材店が軒を連ねる「アメ横センタービル」入口と、アメ横の高架下にある「アメ横プラザ商店街」内の通路の2箇所に登場。
「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小...
「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道の「COMMUNE」内に期間限定でオープン。