あたりまえのように「昆虫」を食べる時代が来る?!

バラエティ番組で、芋虫や昆虫などを罰ゲームとして食べるシーンを見かけますよね。うげぇっ……と思ってしまうけれど、イナゴの佃煮のように、日本でも古くから高タンパクな食材として虫を食べています。

今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな食材を食べられますか?

IKEAが所有する研究所〈Space10〉では、このような将来に向けて「未来の食べ物」を開発中。たとえば、昆虫入りのハンバーガーや、人工肉のミートボールなどなど。

どんな味なの?!と気になるところ。
早速、彼らが発表した研究の成果をご紹介します!

昆虫、人工肉、マイクログリーン
新食材を使った「未来のフード」

以前私たち〈Space10〉は、IKEAの代名詞とも言えるミートボールを改良し、昆虫類や藻類、人工肉などを具材として代用したTomorrow's Meatballsを発表しました。以来、継続して研究開発しています。もちろん、すべてまだ試作段階。IKEAで販売していませんので、悪しからず。

私たちが重要視していることは、健康的で環境に優しい料理であることに加え、おいしく食べられること。知性に訴えかけるだけでなく、味のよさも極めて重要なのです。見た目も味も、そして健康と環境にもいい料理の完成に向けて専属シェフとともに努めています。

The Dogless Hotdog
(ドッグなしホットドッグ)

6403073006108672

定番スナックにひねりを加えたこのメニュー。ソーセージのかわりに、シロップ漬けされた乾燥ベビーキャロット、ビートとベリーのケチャップ、マスタードとターメリッククリーム、炙った玉ねぎ、キュウリのサラダ、そしてハーブサラダミックスを乗せています。

何といっても注目は、目を引くような緑色のパン。ニンジンよりもベータカロチンが多く、ウィートグラスよりもクロロフィルが豊富で、ほうれん草の50倍以上もの鉄分を含む微小の藻「スピルリナ」を生地に練りこんでいるのです。本物のホットドッグよりもタンパク質が豊富なんですよ。

ちなみに、国連はスピルリナを“人類にとって最も理想的な食べ物”とみなしています。

The Bug Burger
(昆虫バーガー)

5753988959961088

昆虫類がおいしい食材であることを証明するため、Tomorrow's MeatballsをアレンジしてパテにしたBug Burgerを考案。

どのパテにも100gのビートの根、50gのパースニップ、50gのポテト、50gのゴミムシダマシという昆虫の幼虫を含んでいます

バンズは精白小麦粉で作られており、トッピングに甘酢漬け野菜、ビートの根とカシスのケチャップ、ニラ、水耕のミックスサラダを挟んでいます。

The Neatball
(ニートボール)

6057341426335744

これは、IKEAのミートボールを元にレシピをアレンジした最新作。肉の消費量を減らすために考えたもので、肉のかわりに農作物やタンパク質を含んだ別の食材を使用しています。

種類は2つ。1つはゴミムシダマシ製、もう1つはニンジンやパースニップ、ビートなどの根菜でできたもの。

LOKAL Salad
(地元サラダ)

6152967128350720

よりバランスの取れた食生活を送るには、昆虫類とともにたくさんの野菜を摂ることは欠かせない。そのために私たちは数多くのマイクログリーンを水耕栽培しています。水耕で育てることで天候に左右されず、地元の農作物を継続的に提供できるのです。

このサラダに使用している野菜はすべてそれ。マイクログリーンと芽野菜、ハーブの3つをミックスさせた3種類を用意。自家製ドレッシングに加え、食べ物の無駄を最小限に抑えるため、売れ残りのパンを粉々にしてトッピングしています。

こんなサラダならば飽きもこないでしょう?

Microgreen Ice Cream
(マイクログリーン・アイスクリーム)

5184870493978624

これらの食事の締めくくりに、栄養たっぷりのハーブとマイクログリーンのアイスクリームはいかがでしょう?ウイキョウやコリアンダー、バジル、ミントから味を選ぶか、もしくはそれらをミックスさせることも。

アイスクリームといえど、600gの分量に対して60gの砂糖しか含んでおらず甘さを足すためにアップルジュースとレモンジュースを混ぜています。

他には、クルマバソウやコリアンダー、スパニッシュチャービル、スイバなど、水耕栽培のハーブで作ったアイスキャンディーも。

これらのデザートがいろんな意味で一番魅力的かもしれないですね。

5665831400767488
Licensed material used with permission by SPACE10
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
記憶力大会の優勝経験者であるYanjaa Wintersoulさんは328ページもあるIKEAのカタログを記憶しているそうなんです。商品だけでなく、カタロ...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
コロンビア大学がプロテインの働きを抑制することで特定の記憶のみを削除する薬を開発、動物実験で成功したという。PTSD患者の治療などを目的に記憶の編集・消去...
一日に12時間から16時間眠るとされる猫。眠っている様子を眺めるのが好きなにゃんこラバーたちが現在注目しているのが、IKEAの人形用ベッド「DUKTIG」...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...