【本日発売!】「モスバーガー」からボリューム満点の「代替肉バーガー」デビュー

本日5月21日より、日本生まれのバーガーチェーン「モスバーガー」から「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が発売となる。

このバーガーは、動物性食材や五葷(ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎ)を一切使用せず、野菜穀物だけで作られた「代替肉バーガー」だ。おいしさをとことん追求した結果、開発期間はなんと1年半!グリーンバーガーにかけるモスのこだわりはハンパない。

オリジナルパティは大豆由来の植物性タンパクをベースに、しいたけエキスで旨みを、こんにゃくで食感、キャベツで甘みを演出した。また、バンズは豆乳クリームでしっとり感をプラス。トマトソースには、隠し味として甘酒を入れることで、コクのある深い味わいに仕上がっている。

販売は全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて。1個538円(税別)とほかのバーガーよりも少々お高めだが、このボリュームとこだわりを考えたら安いくらい?

ベジタリアンではないけど、これはぜひとも食べてみたい!

モスバーガーの 「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER <グリーンバーガー>の紹介
©株式会社モスフードサービス
Top image: © 株式会社モスフードサービス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...