「JAL」がファーストクラスの機内食に代替肉の「ハンバーガー」を提供

航空会社「JAL」は、2020年3月1日~5月31日の3ヶ月間限定で、ロサンゼルスおよびサンフランシスコ発東京行きのファーストクラスにて、機内食のアラカルトメニューに植物由来のパテを使用したハンバーガーを用意する。

使用されるパテは、人工肉の製造開発を担う米食品テクノロジー会社「Beyond Meat」社プラントベースドミート。遺伝子組み換え等を行っていないエンドウ豆を主原料とし、ヘルシーかつグルテンフリーでありながら、満点の食べ応えを実現した植物肉だ。

さらに、生産時に発生してしまう温室効果ガスを、通常の畜産に比べ90%も削減する代替肉は、自然環境への配慮もバッチリだ。

航空業界にLCCが登場して選択の幅が広がったように、空の旅での食の多様性もいよいよ次のステップに差し掛かったと言えるのではないだろうか。

©JAL
Top image: © JAL, iStock.com/Avector
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
米食肉加工最大手の「タイソン・フーズ」が植物由来の「エビ」を2020年初頭マーケットに展開することを発表。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
今回は歌舞伎町にある「アインソフリプル」。ヴィーガンハンバーガーが食べられるこちらのお店。なのにハンバーガーのお肉が本物みたい!と口コミで人気やねん。気になる!
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
「ニューバランス」より新たに登場した「ML754」は、面ファスナーによりロゴが取り替え可能。気分やコーディネートによってさまざまなスタイルが楽しめる!
全国の「IKEA」にて3月29日(日)まで開催中の「ベジ&ミートバーガーフェア」で「プラントベースフード」を使用したハンバーガーが販売されている。
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
先週3日(金)より「Uber Taxi(ウーバータクシー)」が東京都でも利用できるように。
「EDW(イーディーダブリュー)」から「洗えるマスク」がデビュー。今週2日(木)に発売を開始したところ即完売に。現在、第2弾の追加予約を受付中だ。
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
スウェーデンのバーガーキングは、バーガーのパテが本物の肉かどうかを見分ける新メニュー「50/50」を発売。注文したお客に、フェイクミートと本物をランダムに...
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。