「JAL」がファーストクラスの機内食に代替肉の「ハンバーガー」を提供

航空会社「JAL」は、2020年3月1日~5月31日の3ヶ月間限定で、ロサンゼルスおよびサンフランシスコ発東京行きのファーストクラスにて、機内食のアラカルトメニューに植物由来のパテを使用したハンバーガーを用意する。

使用されるパテは、人工肉の製造開発を担う米食品テクノロジー会社「Beyond Meat」社プラントベースドミート。遺伝子組み換え等を行っていないエンドウ豆を主原料とし、ヘルシーかつグルテンフリーでありながら、満点の食べ応えを実現した植物肉だ。

さらに、生産時に発生してしまう温室効果ガスを、通常の畜産に比べ90%も削減する代替肉は、自然環境への配慮もバッチリだ。

航空業界にLCCが登場して選択の幅が広がったように、空の旅での食の多様性もいよいよ次のステップに差し掛かったと言えるのではないだろうか。

©JAL
Top image: © JAL, iStock.com/Avector
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事