「PepsiCo」と「Beyond Meat」が業務提携!そのワケとは?

「ペプシ(コーラ)」で知られる世界的食品・飲料メーカー「PepsiCo」が、植物性疑似肉の代表企業の一つ「Beyond Meat」と提携し、ジョイントベンチャー「The PLANeT Partnership」を立ち上げた。

商品化される具体的なラインナップはまだ発表されていないものの、植物性由来のプロテインを使った飲み物や食べ物を展開予定だとか。

2019年にはアメリカの乳製品メーカー「Chobani」がココナッツミルクベースのヨーグルトを発表したり、スイスの飲料・食品メーカー「Nestle」はプラントベースのハンバーガーを扱う子会社を立ち上げたり、持続可能な社会の実現に向け、近年、さらなる盛り上がりをみせるプラントベース市場

今回の取り組みで、「Beyond Meat」は植物性プロテインを扱う技術、「PepsiCo」は大企業ならではの大規模物流ネットワークというそれぞれの強みを活かし、これまで以上に消費者にとって植物性プロテインが身近な存在になると予想される。

スーパーのお肉コーナーが代替肉に席巻される日も、いよいよ現実味を帯びてきたか?

Top image: © Beyond Meat,PepsiCo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
「JAL」は、3月1日〜5月31日の約3ヵ月間、ロサンゼルスおよびサンフランシスコ発東京行きのファーストクラスのアラカルトメニューに植物由来のパテを使った...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...