「PepsiCo」と「Beyond Meat」が業務提携!そのワケとは?

「ペプシ(コーラ)」で知られる世界的食品・飲料メーカー「PepsiCo」が、植物性疑似肉の代表企業の一つ「Beyond Meat」と提携し、ジョイントベンチャー「The PLANeT Partnership」を立ち上げた。

商品化される具体的なラインナップはまだ発表されていないものの、植物性由来のプロテインを使った飲み物や食べ物を展開予定だとか。

2019年にはアメリカの乳製品メーカー「Chobani」がココナッツミルクベースのヨーグルトを発表したり、スイスの飲料・食品メーカー「Nestle」はプラントベースのハンバーガーを扱う子会社を立ち上げたり、持続可能な社会の実現に向け、近年、さらなる盛り上がりをみせるプラントベース市場

今回の取り組みで、「Beyond Meat」は植物性プロテインを扱う技術、「PepsiCo」は大企業ならではの大規模物流ネットワークというそれぞれの強みを活かし、これまで以上に消費者にとって植物性プロテインが身近な存在になると予想される。

スーパーのお肉コーナーが代替肉に席巻される日も、いよいよ現実味を帯びてきたか?

Top image: © Beyond Meat,PepsiCo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事