100%植物性「ヴィーガン刺身」が世界進出!

今年、空前のブレイクとなったタピオカ。日本では「飲料」のイメージが強いが、オランダでは、タピオカのでんぷんと海藻グルコースをベースにした“完全植物性のサシミ”なんて品が登場。これは2018年秋のこと。

そしてこの冬、ついにその「ヴィーガン刺身」が、イギリスを拠点に世界進出を狙っているのだという。

©Vegan Zeastar, Vegan Finest Foods

2019年11月、ロンドンの小売店やレストランで販売開始となった革新的なヴィーガン刺身「No Tuna」と「Zalmon」は、マグロ(Tuna)とサーモン(Salmon)の代替品だ。

ヴィーガン食品の開発・販売を手がける「Vegan XL」とアムステルダムのヴィーガンレストラン「Vegan Junk Food Bar」によるコラボで生まれたこの刺身。これまで同店のみで提供されていたが、ヴィーガン食品市場の拡大とともに、今回、満を持しての出荷となった。

それにつけても、生魚のテクスチャーと食感を再現するのに、まさかタピオカのでんぷんとは恐れ入る。マグロもサーモンもツヤといいスジの入り方といい......再現性はなかなかに高いんじゃない?

この調子でいくと、あらゆる魚介類が“ヴィーガン化”されるのは時間の問題。近い将来、「鮮魚ゼロのSUSHI Barがオープン!」なんてニュースを伝えることになる、かも。

©Vegan Zeastar, Vegan Finest Foods
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
ヴィーガンレシピ専門サイト「ブイクック」より、『世界一簡単にできるヴィーガンレシピ本』が7月に出版予定。スーパーで手に入る食材を使って、誰でも簡単に作れる...
新潟で創業65年を誇る「株式会社フタバ」が販売する「UMAMIだし 野菜」が、日本で初めて特定非営利活動法人「ベジプロジェクトジャパン」運営のヴィーガン認...
岩手県の名産「南部せんべい」がヴィーガン認証を取得。国内で販売されているせんべいにおいて、この認証を取得したものは過去に例がないとのこと。