100%植物性「ヴィーガン刺身」が世界進出!

今年、空前のブレイクとなったタピオカ。日本では「飲料」のイメージが強いが、オランダでは、タピオカのでんぷんと海藻グルコースをベースにした“完全植物性のサシミ”なんて品が登場。これは2018年秋のこと。

そしてこの冬、ついにその「ヴィーガン刺身」が、イギリスを拠点に世界進出を狙っているのだという。

©Vegan Zeastar, Vegan Finest Foods

2019年11月、ロンドンの小売店やレストランで販売開始となった革新的なヴィーガン刺身「No Tuna」と「Zalmon」は、マグロ(Tuna)とサーモン(Salmon)の代替品だ。

ヴィーガン食品の開発・販売を手がける「Vegan XL」とアムステルダムのヴィーガンレストラン「Vegan Junk Food Bar」によるコラボで生まれたこの刺身。これまで同店のみで提供されていたが、ヴィーガン食品市場の拡大とともに、今回、満を持しての出荷となった。

それにつけても、生魚のテクスチャーと食感を再現するのに、まさかタピオカのでんぷんとは恐れ入る。マグロもサーモンもツヤといいスジの入り方といい......再現性はなかなかに高いんじゃない?

この調子でいくと、あらゆる魚介類が“ヴィーガン化”されるのは時間の問題。近い将来、「鮮魚ゼロのSUSHI Barがオープン!」なんてニュースを伝えることになる、かも。

©Vegan Zeastar, Vegan Finest Foods
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
人気ドーナツストア「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が、イギリスでブランド初となるヴィーガンドーナツを発売。
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。