植物由来の「代替肉3Dプリンター」をイスラエルの企業が開発中

食べる人のニーズや好みに応じて独自の代替肉を製造できるようになるかもしれない。

イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」がそれを実現してくれそうだ。彼らは、2020年の商品化を目指し、代替肉専用3Dプリンターの開発を進めている。

食肉と見た目や味がそっくりな植物由来の代替肉を生成するソリューションは、3Dプリンティング技術と三次元の肉に成型するモデリングシステム、植物由来食品の新たな調合法を組み合わせたもの。

これは食肉加工業者や精肉店、飲食店といったB2B向けの3Dプリンターだが、消費者はさまざまな場面や用途で代替肉を選択できるようになるはず。

新しい食と文化を提供することになる3Dフードプリンターの市場の成長は、ユーザーからも業界からも期待が大きい。その証に、Redefine Meatはドイツの大手食品企業「PHW」グループらから、先月600万ドル(6億4500万円)の資金調達にも成功している。

Top image: © iStock.com/CSA-Printstock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...