世界初!3Dプリンターで建てられた学校

教育インフラの拡大を目指すNPO「Thinking Huts」とサンフランシスコを拠点とするデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、世界で初めて3Dプリンターで印刷された学校を建設するプロジェクト「Thoughtful Giving」を発表した。

パイロットプロジェクトでは、マダガスカルの公立大学「Ecole de Management et d’Innovation Technologique(EMIT)」のキャンパス内に、幼稚園から高校までの生徒を迎えることができる学校施設を建設する。

教室だけでなく、体育館音楽室美術室温室なども建設予定。各建物がポッド型になっているので、複数の建物を組み合わせることで、パソコンルーム実験室などさらに多目的に使用できる。

©Thinking Huts + Studio Mortazavi

3Dプリントの建物の特徴はなんといっても施工期間の短さ!数週間かかるところを数時間までに短縮できるのだとか。また、二酸化炭素の排出量を抑えられることもメリットといえるだろう。

このほか、再生可能素材を使用し3Dプリントする壁を採用。外壁には植物を植え、屋上にはソーラーパネルを設置するなど環境に配慮したデザインを目指している。

現在、クラウドファンディングを実施中。将来的にはマダガスカルだけでなく、ほかの国と地域にも拡大する予定だそう。教育の機会提供だけでなく、環境問題にも取り組む画期的なプロジェクトに期待が高まる。

©Thinking Huts + Studio Mortazavi
Top image: © Thinking Huts + Studio Mortazavi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...