世界で初めての「3Dプリンターでつくられた橋」(スペイン)

ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最小限に抑えながら最適化された構造になっているため、こうした滑らかな外観になっているのだそうです。無駄を省き、頑丈さも追求できるとか。これから、このような形の建築物が増えていくのでしょうか。

設置された場所は、スペイン・マドリード州にあるアルコベンダス。橋の長さは12メートル、幅は1.75メートルと小ぶりですが、世界で初めての例となります。

このプロジェクトには、“The Man Who Prints Houses(家をプリントする男)”と呼ばれるエンリコ・ディニ氏が開発した、「D-Shape」という大型3Dプリンターが使われました。

同じように、家を建設することが、次第に当たり前になっていくのかも?なんてことも思わせてくれますね。

Licensed material used with permission by IAAC - Institute for Advanced Architecture of Catalonia
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。