「ストラディバリウス」が名器たるゆえんは? 3Dプリンターで分析する試み

言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。

300年以上の時を超えて人々を魅了する音色の秘密とは、いったい何なのでしょうか?

それを探る手段として白羽の矢が立ったのは、3Dプリンター。ストラディバリウスをスキャンして、構造を再現した楽器を作り出したのです。

研究に2年
製作に9ヶ月以上

1677年製の「Sunrise」モデルを元にした、3Dプリント版ストラディバリウス。こちらが、その演奏動画です。

大きな舞台でも響き渡る力強い音が魅力のストラディバリウスに比べると、少しパワーに欠けるよう。しかし、優しく弾くと驚くほどボリュームを絞ることができ、反対に強く弾くとすぐに音が割れるという「Sunrise」ならではの特徴は受け継いでいるとのこと。

「レプリカを作ること」が
目的ではない

ヴァイオリンを丸々プリントしたのではなく、部品を印刷し、職人が仕上げたというこの楽器。研究に約2年、製作だけでも約9ヶ月を費やしています。

制作者のHarris Matzaridis氏は、このレプリカ製作の狙いについてこう語ります。

「この楽器が本物の音に近いかどうか、という議論が起こっているようですが、私の狙いはストラディバリウスのレプリカを作ることではありません。そもそも、そんなことができるとは考えていません。

これは『最高の楽器』と呼ばれるものが、一体どういうメカニズムで作られているのかを研究するための手段です。

まだ研究は途中ですが、今後も良い楽器の仕組みを正しく理解するために、アプローチを続けていきたいと思います」

「美しい」や「良い」という感情を抱かせる楽器の音色は、一体どこから生まれるのでしょうか?

経年変化が絶妙だとか、ニスに秘密があるとか、実は防虫剤が関係してるんじゃなかろうかとか、名器たるゆえんには諸説あるストラディバリウス。

今回の試みを通して、新しい説が出てきたら面白そうです。今後の進展が楽しみな研究ですね。

Licensed material used with permission by ViolinoDigitale.com
andmore
他の記事を見る
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。