3Dプリンターでお家を「プリントアウト」!(ロシア)

家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。

でもこれからの時代、たったひとつの「3Dプリンター」を使って、家を「印刷する」ことができるようです。それも、たったの24時間で。

これが、
「プリントアウト」された家

Image byApis Cor

今回家を「プリントアウト」したのは、世界で初めての「建設用3Dプリンター」を開発するロシアの企業『Apis Cor』。この度ロシア西部の都市・ストゥピノで、初めて建設に成功しました。

今までにも、3Dプリンターで家を造る試みはありました。しかしそれは、壁のパーツなどをプリントアウトし、それぞれを現地に運んで組み立てる、というやり方。

このプリンターの画期的な点は、現地でそのまま「出力」するため、材料を運んだり組み立てたりする工程が省けるというところです。

家ができるまでの
24時間を辿ってみると…

Image byApis Cor

まずは、プリンターを建設現場に運んで設置します。コンパクトかつ軽いので、運搬は簡単。しかもシンプルな構造なので、1時間もあれば組み立てることができます。

Image byApis Cor

プリンターが設置できたら、このように家を「印刷」していきます。

Image byApis Cor

しっかりと強度も高めていきます。可能な限り自動化されているので、ヒューマンエラーをほとんどなくすことができるのもポイント。

Image byApis Cor

すると、あっという間にこの通り。大枠ができたら、断熱材を充填したり、床や窓、天井をはめ込んだりといった最後の仕上げは、人の手で行っていきます。

Image byApis Cor

素材には漆喰が用いられているので、塗装も簡単です。

気になるスペックは?

床面積は38㎡(約20.8畳)と十分な広さにも関わらず、コストは1万134ドル(約115万円)と、かなりお手頃。

実際に中を覗いてみると、十分すぎる快適さです。

Image byApis Cor

立派なマイホームを建てることが夢だった時代が、なんだかはるか昔のように思えてきますね。そんなに構えなくても気軽に家を建てられる未来が、すぐそこまで来ているのかもしれません。災害時にも、大活躍しそうですね。

Licensed material used with permission by Apis Cor
他の記事を見る
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...