30坪300万円!日本初「3Dプリンターで住宅を創る」プロジェクト

球形の住宅が3Dプリンターで生まれる。 それも30坪300万円という価格で!

この実現へプロジェクトを2019年12月にスタートしたのが、日本で初めて3Dプリンターによる住宅建設を目指して起業したスタートアップ企業「セレンディクスパートナーズ」。

今月にはいり、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインを公開。設計は、NASAの火星移住プロジェクトを進める、NYの建築設計事務所「CLOUDS AO」共同創業者である曽野正之氏によるもの。

Sphereプロトタイプ概観 ©Clouds AO
Sphereプロトタイプ室内 ©Clouds AO

全体を球形(Spher)にすることで、構造的な強度も担保しながら、鉄筋などの構造体を必要としない球体の住宅開発を目指したそうだ。そうすることで、3Dプリンターと複合素材を用いてわずか24時間での完成も実現へ。

家をロボット(3Dプリンター)が創る(無人化)ことによって、コストの過半を占める物流費人件費も大幅な低減につなげるのだ。

安価になれば、クルマを買い替えるように家を買い替えられる。「セレンディクスパートナーズ」による「Sphere」の提案と挑戦、年齢・家族構成・仕事に合わせて自由に家を買い替える時代がくるかもしれない。

Top image: © Clouds AO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
NPO団体「Thinking Huts」とデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、マダガスカルに3Dプリンターを用いて学校を建設するプロジェ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...