タイニーハウス

トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...