世界最小の「システムキッチン」。もう、我が目を疑うしかない・・・

エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト」や「タイニーハウス」に人気が集まるのも、こうした背景からだろう。

だが、方法は他にいくらでもある。たとえば、モノ自体のサイズを小さくすることで、エネルギー消費そのものを抑えるというアイデアしかり。

コンパクトさを徹底追及
これが、本当にキッチン?

よもや、このキャビネットのような風貌がキッチンだとは……。言われない限り、いや言われたところで信じられない。違う?

けれど、この中にしっかりシンクも、コンロも、冷蔵庫も、そしてダイニングテーブルまで装備しているというのだから。そのサイズ(縦600×横600×高さ900mm)を聞いて、なお疑いは深くなる。が、もう我が目を疑うしかない全容をご覧あれ。

キッチンは、
ここまで小さくなる!

この通り、完璧なまでにキッチンにトランスフォーム。これは、確かにキッチンだ。

料理をするときだけ、その機能を引っ張り出してきて、あとは小さくコンパクトにまとめておく。キッチンが小さければ、揃える調理器具だって必然的に最小限。もちろん、住空間もタイニーでいられる。

引き出し式のIHクッキングヒーターは、このサイズでもしっかり2口。ヒーター下には電子レンジ、もしくはオーブントースターを収納するスペースも完備しているという。コンパクトでも必要な機能はすべて兼ね備えている。

もちろん、小さすぎることは確か。けれど、これだけで十分と感じる人たちも多いはずはずだ。

最小限の機能で
満足できる世の中へ

アパート暮らしの独身生活者に向けて、“おひとりさま”システムキッチン「Gali」のデザインに挑んだのは、マドリードの建築デザイナーAna Aranaさん。ひとり暮らしの人たちをリサーチして回った彼女は、彼らが毎日台所に立つ訳じゃなく、中には必要としない人も多いことに気づいたという。「ならばいっそ」、とエネルギー効率やモビリティを再構築し、必要最小限な機能を残し、極限までコンパクトにするリデザインを実現してみせた。

今のところコンセプト段階というが、タイニーハウスやディンクスが珍しくない世の中である限り、極小キッチンの需要も少なくはないはずだ。そう考えると、Galiの実装も急に現実味を帯びた話に思えてくる。


Licensed material used with permission by Ana Arana
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
見えすぎっていうのも…考えものです。あ、台所の話です。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...