はい、見たまんまです。では、なぜ台所がシースルーなのか?

食べものを「セクシー」にお披露目するキッチン、ここに誕生。

6614698258595840

棚も台も全部透明。包み隠さず中身を見せる。それが「Infinity Kitchen」。

誰かの洋服を脱がせたような、見ちゃいけないものを見ているような、ちょっぴりイケないことをしている気持ちになるのは、私だけ?

丸見えキッチン。

49227919922298884869628081733632

尖った視点で現代社会に気づきを与えるアムステルダムの建築会社MVRDVが、ベニスのビエンナーレに送り届けたのが、この“真っ裸キッチン”。

作業台も、棚も、蛇口も、食器も全〜部潔いまでにスケルトンだ。ここまで透かしたら、整頓されていない棚の中身まで丸見えと、ヒヤヒヤしてしまいそうだけど、こうやって透かしてみることで逆に見えてくることも。

例えば、キッチンを色付けるのは、食材だってところとか。

「もっと食べ物に愛情を注ぎたくなるんです。すると、自然とヘルシーな食選びに意識が向けられる気がしてね。もっと言えば、食がセクシーになっていく気がするんですよ」

とはデザイナーチームの弁。

言われてみれば、いろんな色の野菜を取り揃えたほうが食もヘルシーになるって聞くし、食べ物の色が一際目立つおかげで、自然と食のルックスを念頭に置くようになりそう。

透かすことで見えてくる世界

642637038511718447855753033154564874611317538816

キッチンをはじめとし、私たちを分離するモノをあえて透かすことで、世界も広がっていく、とMVRDVのWiny Maasさん。

「例えばキッチンだけでなく、隣人との間にはばかる壁を透かしてみたらどうでしょう。それだけでも無数の街の見え方が生まれるはずです。窮屈な世界がほんの少し、開けてくると思いませんか?ひょっとしたら山や海だって見えてくるかもしれません」

食から始まり、世界の見方まで変えていく可能性を秘める「透明」なルックス。普段隠れているものをあえて見せることで、新たな可能性が生まれそう。

Licensed material used with permission by MVRDV - Infinity Kitchen
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
2015年11月、万博記念公園内に誕生した日本最大級の複合施設「EXPOCITY」。すぐ隣には、ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」も新たに完...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...
たった15ドル(約1,600円)。それだけで、退屈な日々のルーティーンワークがちょっとだけ楽しめるようになる。その理由に関しては、文章で説明するまでもなく...