月額0円。世界最小クラスの「ホームセキュリティシステム」を知っていますか?

手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』なんです。


Cubeの仕組み

実はこの「キューブ」、正確には世界最小のIoTゲートウェイ。「キューブ」本体以外に、「モーションセンサー(or サーモセンサー)」「WEBカメラ」「外付けHDD」を組み合わせて使うことで実にさまざまなことが可能になるのですが、ここではホームセキュリティシステムとしての機能に的を絞ってご紹介しましょう。

2分で完成!
本格ホームセキュリティ

「キューブ」「モーションセンサー」「ウェブカメラ」の組み合わせで、専門サービスも顔負けのホームセキュリティシステムが作れます。登録はカンタン、以下の3STEPのみ・2分間で完了です。

①Cubeをスマホアプリに追加。
②ウェブカメラをCubeに接続。
③Motion Pixi をドアか窓に貼り付ける。


たったこれだけで、スマートフォンと連動していつでもどこでも自宅の状況を確認できるセキュリティが完成するのです。自分で用意したデバイスを設置するだけなので、ランニングコストは「月額0円」!

「モーションセンサー」をドアなどに貼り付けておけば、ドアが開くとスマホに通知がいき、その瞬間を30秒間録画。ライブ映像はもちろん、録画された映像もあとから確認できるので、万が一の場合は強力な証拠にもなります。

スマホへの通知は、こんな感じで。

手軽な
スマート防犯ツールとしても

「キューブ本体」「モーションセンサー」の2つだけを組み合わせた場合、もっと手軽なスマート防犯ツールとして活躍してくれます。例えばノートパソコンに貼り付けておけば、席を離れている間に誰かがパソコンを開いたり持ち出したりしようとした時に瞬時にスマホに通知してくれます。

家のドアや金庫などに貼り付ければ、カメラはなくともいち早く異常を検知することができますよ。

工夫次第で使い方広がる

「キューブ」は「積み木型IoTゲートウェイ」を謳っているだけに、組み合わせ次第でいろんな使い方が可能。例えば「キューブ本体」一つだけでも外部サーバーに頼らない「パーソナル・クラウド」として使えるし、センサーを「サーモセンサー」にすれば温湿度管理もできます。

「キューブ本体」をふたつにWEBカメラ、モーションセンサーに外付けハードディスクまでフルセットで組み合わせると、家の様子をいつでも好きな時に録画できる「スマートホームシステム」まで作れるので、外出中もペットの様子を知りたい人や、留守番をさせている子どもの様子が気になる人にはピッタリ。どんな組み合わせにしても、HDDを除けば導入コストは25,000円程度と、比較的安価なのも嬉しいですね。

未来のCubeはこうなる!

キューブはとても優れた拡張性を備えているので、これからさらに広がる可能性は無限大。例えば・・・

・ハイレゾ音源をCubeからスピーカーに繋いで、高音質の音楽をネットワークで楽しむ

・ウェアラブルヘルスセンサーと連動して、対象者の心拍などをリアルタイムに管理

・赤外線センサーの開発により、自宅のエアコンやテレビ、照明を遠隔でコントロール

・火災報知センサーの開発により、火事をいち早く発見

・スマートメーター/バルブの開発により、電気料金や水道料金の「見える化」

などなど。まだ開発計画の段階なので、すべてが実現するかどうかはわかりませんが、ポテンシャルの高さはまさに無限大です。

気になる方は、こちらから詳細をチェックしてみてくださいね。

Licensed material used with permission by Makuake
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
9月24日、「Amazon」傘下のホームセキュリティメーカー「Ring」が新製品「Ring Always Home Cam」を発表した。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
先月5日から「CAMPFIRE」で支援募集中のモバイルカラープリンター「PrinCube」は、いつでもどこへでも持ち運べる手のひらサイズ。
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
2人の高齢者が老人ホームを抜け出し、このイベント会場に向かうところで警察に保護されていたそうです。
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
財布やカギをなくした時に、スマホのようにGPS追跡できず泣き寝入りするしかなかった…という経験はありますか?「MAMORIO」は、世界最小の「落し物追跡タ...
 “Live with Nature.”を提案するライフスタイルブランド「SANU」は、“自然の中に滞在し、遊ぶためのもう一つの家を提供するサブスクリプシ...
両国駅「幻の3番ホーム」を会場に2020年1月9日〜12日の4日間、「おでんと熱燗ステーション」が開催されます。
2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
「Go To Eatキャンペーン」の対象店をいくつものサイトを横断して検索しながら、不便だなぁ……と思っていた人もいるのでは?そこで完成したのが、東京のG...
アウトドアで過ごす機会が増えるこの季節、頭を悩ましがちなのが、スマホの充電問題。「何で買わないの?」とよく尋ねられるけど、ぶっちゃけどれもこれもイマイチ。...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
アメリカ・ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港で試験的に導入されている「ビジターパス」。1日50名までの限定ですが、世界的に広がりそうなシステムです。
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...