世界最小クラスなのにパワフル!持ち運べる洗濯機「MobileWasher」

旅行先出張先でコインランドリーがなかったとき、日々の洗濯で靴下や下着など別洗いするとき、泥で汚れた洋服や掃除で使った布を手洗いしてから洗濯機に入れるとき......。

洗濯のあらゆる場面で「サブの洗濯機があればいいな」と思うことはないだろうか。

そんな「あったらいいな」を叶える折り畳み洗濯機「MobileWasher」が、クラウドファンディングを実施中。

まず驚くのが、この圧倒的なコンパクトさ。折り畳んだ際のサイズはわずか高さ9cmと世界最小クラス。使用時も洗濯物の量によって伸び縮みさせながら使うことができるので、置き場所に困らない。

そんなサイズ感でありながら、最大1kgの容量は必要にして十分。大人用のTシャツは2枚、パンツは5枚、靴下なら7足も回せるという。出張や旅行先などで「せめて下着は毎日洗いたい......」といったニーズに応えてくれる。

なお、内部の4つのフィンが強力な水流を起こし、汚れをしっかり落とすように設計されており、通常版に加え、脱水機能付きバージョンも展開。

まさか洗濯機が持ち運び可能な折り畳み式になるとは、想像もつかなかったアイデア商品。

4月にお届け予定なので、新生活がスタートする一人暮らし寮生活の方にいいかも?

© アイスファングス/YouTube

『MobileWasher』

クラウドファンディングはこちらから。

Top image: © 2021/IceFungs
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
牛の町から届くミルク缶です。実用的です。なぜならプロ仕様の洗濯洗剤が入っているから。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手...
給排水など、クリアすべき壁はたくさんありそうですが、市販されるようになれば、ぜひ手に入れたい!ミニマルなインテリア好きは注目です。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...