洗濯するたびに、私たちは「繊維」を食べていた?でもこのボールがあれば大丈夫

洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手のひらサイズの「Cora Ball」を。

洗濯機の中に放り込むだけで、洗濯から出るマイクロファイバーをごっそり取り除いてくれるというアイテム。使い方はとてもカンタン。

こんな風にポ〜イって洗濯機に入れて、

衣類と一緒にお洗濯。

終わったら、絡みついた繊維を取るだけ。

日々「繊維」を
食べている私たち

洗濯するたびに、洋服から出るマイクロファイバー。とても小さく、洗濯機から流され、排水処理施設を通り運河に流れていき、それを魚が食べていく

ということは、服を着て洗濯している私たち全員に責任があるということだし、長い目で見ると自分たちにも影響してしまうというから、人ごとではいられない。

インスパイアされたのは
「サンゴ」

プロジェクトチーム「Rozalia Project」の設立者ミラーさんは、ボールを作る際に、小さなものでもキャッチしてしまうサンゴからアイデアをもらった、とか。それを聞くと、あのボールのデザインにも納得がいく。

Rozalia Projectは、もしアメリカの世帯の10%がCora Ballを使った場合、3,000万本ものボトルに相当するプラスチックを水路から取り除くことができると想定。そしてそれが、海や湖、川を守ることに繋がるということ。

現在、マーケットに出すためにクラウドファンディングで資金集めをしていて、1個20ドル(約2,200円)からとのことだ。

Licensed material used with permission by Cora Ball

関連する記事

クラウドファンディング実施中の折り畳み式洗濯機「MobileWasher」。世界最小クラスのサイズ感からは想像できない1kgの大容量が特徴。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
牛の町から届くミルク缶です。実用的です。なぜならプロ仕様の洗濯洗剤が入っているから。
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
応援購入サービス「Makuake」にて、洗剤代わりに使用できるエコな洗濯ポーチ「SAWAWA Ag+」が先行販売を実施中。
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
給排水など、クリアすべき壁はたくさんありそうですが、市販されるようになれば、ぜひ手に入れたい!ミニマルなインテリア好きは注目です。
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
「WASHWOW」は、電解水を利用することで、汚れやバクテリアを綺麗に除去するモバイル洗濯アイテム。新バージョンには、水温確認がカンタンなライトが搭載され...
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
「Makuake」にて先行販売を実施中のサステイナブル洗剤「Mash Fabric」は、洗うたびに“着心地が育つ”という、驚きの機能を備えたプロダクト。
海洋汚染問題を解決するために考案されたプロジェクト「8TH CONTINENT」。荘厳な佇まいもさることながら、太陽光や潮力による発電で得たエネルギーを利...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Sonic Soak」は「ほぼ全て」の物体を洗うことができる洗浄機。iPhoneよりも小さくて軽く、持ち運びも簡単。容器の型トォしていないので、手洗いし...
世界中のコスプレイヤーの力で海を一緒に守っていこうというアクション。海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみ...