海を愛するブルワリーだからこそ実現した、ウミガメに優しい「ビール革命」って?

「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは、年々、愛する海がタールやプラスチックごみで汚染されていく姿を目の当たりにし、自社のビール製造に紐づいた副産物の開発に挑み続けている。

この画期的な開発が、ビール業界に改革をもたらすだけでなく、ウミガメをはじめ海洋生物の生態系にも大きく影響を与えるかもしれない、と注目を集めている。

海を愛する男たちが開発した
「餌になる」リング

プラスチックリングの代替として彼らが開発した「six-pack ring」。一見、古紙を使った再生紙のようにも見えなくない。が、これは似て非なるもの。強度も耐久性もありながら、たとえ海に流失してもウミガメをはじめとする海洋生物たちの餌になるというのだから。

その原料となるのは、ビールの醸造工程において使用された後の大麦をはじめとする穀物がメイン。本来ならば不要となって捨てるモノから、自然の中で分解できるリングを造りだし、さらにはご覧のようにウミガメたちの「餌」にもなる。

この究極的サステイナブル・プロダクトを開発したのは、ブランド名にも海(Saltwater)を配すほど、海を愛するSaltwater Brewery代表のChris Goveさんと、サーファーで彼の幼なじみの二人。彼らは、フロリダの海に浮くプラスチックごみのあまりの多さに、ブルワリーとして従来のプラスチック製リングを使用しないと決意し、開発に挑んだそうだ。

愛する海が汚れていく。
その一因に加担したくない

まず、前段階として説明すると、全米でのビールの総売上は2015年だけで約246億リットルにも達したそうだ。Chrisさんによると、そのおよそ半数が缶入りのビールだ。そもそも、ビールの風味を損なわないのは、「瓶」より「缶」だそう。ここ数年続いたクラフトビールブームも手伝い、アメリカでも瓶⇒缶の流れは、ある意味当然の結果なのかもしれない。

では、その缶ビールを販売する際、これまでアメリカでは軽量で耐久性もあり、持ち運びにも便利なプラスチックリングが用いられてきた。日本のように板紙で閉じてあるものとは異なるリングを旅先で目にした人も多いはず。あのリング状のペラペラが、いまウミガメを苦しめる原因となっているのだ。

誤飲や絡まりによって
苦しむウミガメたち

海洋生物の生態系に甚大な影響をもたらすのが、海に流出したプラスチックごみ。現在、海流しているそれは年間約800万トン以上と推測され、「何らかの対策を取らなかった場合、2050年までには魚の数を上回る量になる」、と警鐘を鳴らす声が2016年1月に開催されたダボス会議の場に挙がったことは、記憶に新しい。

ビールメーカーとして、ビバレッジ業界に携わる者として、何としてもこの状況を打開しなければいけない。そんな強い思いから開発されたのが、100%分解可能な“食べられる”リングだったという訳だ。

ビバレッジ業界の
意識を変えていく

現在、試作段階にあるsix-pack ringだが、「Upworthy」によると、2016年4月だけで500個のプロトタイプを製造し、海洋生物がより安全に食べることができるよう改良を進めているようだ。

ビールの味わいのみならず、その販売方法にも大きな革命を起こそうとしているChrisさん(写真右から2番目)とメンバーたち。

「こんなの始まりに過ぎないよ。業界全体が意識を変えていかなきゃいけないんだから」

海を愛するクラフトマンたちだからこそ、辿り着いた着眼点に拍手!

Reference:Upworthy
Licensed material used with permission by Saltwater Brewery
他の記事を見る
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生物学を学...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。表浜...
愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「海の日」といえば、毎年7月の第三月曜日。ですが、世界各国ではそれより1ヶ月近く早い、6月8日。つまり今日。「World Oceans Day」と呼ばれる...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...