「ウミガメ」の「クルクル泳ぎ」の意味とは?【調査結果】

海のなかを円を描くように回りながら、まるで遊ぶように泳ぐウミガメ

この特徴的な泳ぎ方をするのは、ウミガメだけなのだろうか?そして、その理由は?

「東京大学 大気海洋研究所」の楢崎友子氏らの調査により、幅広い分類群の大型海洋動物(イタチザメ、ジンベイザメ、アオウミガメ、キングペンギン、ナンキョクオットセイ、アカボウクジラなど)が、比較的安定した角度と速度で、連続的に旋回していることがわかった。

とくに、アオウミガメの観察では、まるで機械のように一定の周期で、最大76回転も旋回し続ける行動が確認されたという。

理由として、これが目的地(産卵場)の近くで観察され、旋回後に正しい方向へ進んでいることから、アオウミガメが“旋回することで進むべき方向を調べている可能性”が示唆されたのだとか。

そのほかにも、オスのイタチザメが求愛のためにくるくると旋回しながらメスに近付く様子や、雛を育てるキングペンギンのこまめな旋回行動が発覚。

© 野生動物は何を見ているのか/YouTube

このたび用いられた研究方法は、動物への負担を配慮した小型計測器を、動物に搭載する「バイオロギング技術」

動物の海のなかでの行動について、これまでよりも確実に、そして近くで観察できるようになった。

現時点では、旋回行動の機能などの全容は明らかになっていないが、今後もさまざまなアプローチで検証が続けられるとのこと。

いまだ多くの謎に包まれた「海のなかの世界」を覆うヴェールが開かれる日も近いかもしれない。

Top image: © Isabelle Kuehn/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
イスラエルを拠点にする飲料ベンチャー「O.Vine」が調査企業「OnePoll」と共同でおこなったという調査結果を発表。調査では、アメリカ人2000人に水...
応援購入の売り上げの一部が、ウミガメ保護活動団体に寄付されるエコバッグ「TURTLE」。手のひらサイズのベイビーウミガメが、アッと言う間に40cmx40c...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
音楽配信サービス「Spotify」「Apple Music」「YouTube Music」「Deezer」が、差別的な表現を含むコンテンツを削除。「BBC...
男性が、彼女や奥さんにもらって一番嬉しいバレンタインデーギフトは、「手作りのお菓子」。これは、株式会社メリアルームが、20代~40代の男性124名を対象に...
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。表浜...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
世界中で大ヒットとなった名作映画『タイタニック』。映画の題材となったタイタニック号は、今も海底で眠っている。そんなタイタニック号を市民科学者として調査&探...
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?
「Paso Pacifico」という環境団体が、いま、フェイクの卵を使って密猟を撲滅しようとしています。
シドニー大学の研究チームが、次にパンデミックを引き起こす感染症が生まれる地域を推測。11月24日に結果を発表した。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?