アメリカのZ世代、6人に1人は「LGBT」を自認【調査結果】

世界的な調査会社「ギャラップ」がおこなった、性的指向に関する2020年の最新調査によると、アメリカの成人の5.6%が「LGBTであると認識している」ことがわかった。

18歳以上の15000人を対象にしたアンケートの主な質問は「異性愛者、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのなかで、あなたがご自身に当てはまると考えるものはどれでしょうか?いくつでも選択できます」というもの。

回答者が、自分の性的指向について、複数選択や自由回答をすることができるという点で、調査結果はこれまでよりも細分化された。

たとえば、自身をLGBTと認識している成人のうち、半数以上(54.6%)がバイセクシャル、約4分の1(24.5%)がゲイ、11.7%がレズビアン、11.3%がトランスジェンダーであると回答。

この割合をアメリカの成人人口全体に照らし合わせると、バイセクシャルが3.1%ゲイが1.4%レズビアンが0.7%トランスジェンダーが0.6%となる。

アメリカでのLGBTの認知度が年々上昇している理由としては、自分が異性愛者ではないと考える人の割合が若い世代ほど多いことと、性的マイノリティの平等な権利を支持する声が高まっていることの2点が挙げられる。

 LGBT(%)

ストレート/

異性愛者(%)

指定しない(%)

Z世代

(1997-2002生まれ)

15.9

78.95.2

ミレニアル世代

(1981-1996生まれ)

9.182.7

8.1

X世代

(1965-1980生まれ)

3.888.67.6

団塊世代

(1946-1964生まれ)

2.091.16.9

伝統主義者世代

(1946以前生まれ)

1.389.98.9

 

参照元: GALLUP, 2020

とくに、前者の「自分がLGBTであると考える人の割合は、上の世代よりも若い世代の方がはるかに多い」という傾向は、今後も続くものと考えられている。

この推測は、1946年以前に生まれた世代では2%を下回るLGBT自認率が、Z世代(1997-2002生まれ)では16%(約6人に1人)にも届こうとしていることに基づく。

世界中で、それぞれのアイデンティティを尊重する社会の実現への足音が、確実に大きくなっている。

Top image: © iStock.com/Rawpixel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イスラエルを拠点にする飲料ベンチャー「O.Vine」が調査企業「OnePoll」と共同でおこなったという調査結果を発表。調査では、アメリカ人2000人に水...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
露・求人情報サイト「SuperJob」が、ロシア全土に住む18歳以上の男女2000人を対象にして、この春に実施した「ロシアで今、もっとも魅力的な有名人は誰...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
男性が、彼女や奥さんにもらって一番嬉しいバレンタインデーギフトは、「手作りのお菓子」。これは、株式会社メリアルームが、20代~40代の男性124名を対象に...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
音楽配信サービス「Spotify」「Apple Music」「YouTube Music」「Deezer」が、差別的な表現を含むコンテンツを削除。「BBC...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
コンサルティング会社「マーサー」が「2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey) – 都市ランキング」を発表した。気になる「東京...
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?
米「バーモント大学」の「ツイートが示す気持ちについての調査」によると、公園にまつわるツイートはクリスマス並みの幸福度の高さがあることが明らかに。
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
性具メーカー「株式会社TENGA」が毎月配信している『月刊TENGA』は、1月7日に配信した第20号にて「2019年マスターベーション世界調査報告」を発表。
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてリユース容器のトライアルをスタート。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。