日本には、卵が産めずに死んでいく「ウミガメ」がたくさんいることを知っていますか?

近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。
表浜海岸は、愛知県渥美半島の伊良湖岬から静岡県の浜名湖までの約50kmにわたる長浜。自然豊かで、古くからウミガメが産卵に訪れる場所として有名であった。

seaturtle01

しかし、海岸の人工化による海岸の変化により、ウミガメたちの産卵までもが困難になってきているという

産卵のために砂浜に上陸したウミガメはどんどん奥へ進む。けれど、中程には波消しブロックが設置されているため、東西に連なるブロックの隙間を抜けて行かなければならない。

seaturtle03

だが、100kg近いウミガメの体でそれを乗り越えることは困難。行く手を阻まれた彼らは、何度も迂回しようと試みたり、延々と続くブロックに沿って何時間も移動したりせざるを得ないのだ。

seaturtle02

そうして最悪の場合、ブロックの窪みにはまり、死に至ってしまうウミガメも少なくないのである。

この問題を解決すべく立ち上がったのが、NPO法人表浜ネットワーク。現在、理事長の田中雄三さんをはじめとし、ウミガメが産卵しやすい砂浜作りを試みている。その資金を、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で募っている。ウミガメの命を守るために、ぜひ、協力をお願いしたい。

btn_idea_150511_16

愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
「Paso Pacifico」という環境団体が、いま、フェイクの卵を使って密猟を撲滅しようとしています。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
応援購入の売り上げの一部が、ウミガメ保護活動団体に寄付されるエコバッグ「TURTLE」。手のひらサイズのベイビーウミガメが、アッと言う間に40cmx40c...
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
心理学と神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」という危機感を持つべきなのは、私たち人間...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
10月27日、野生動物が時折みせるオモシロさと自然保護活動の大切さを広める写真コンテスト「Comedy Wildlife Photography Awar...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...