九死に一生を得た人だけがわかる。最高の生き方。

旅行先で命に関わる事故に巻き込まれた男性。その事故をきっかけに、彼の生き方が変わりました。

大事故から生き残った男性が決心したこととは?

「生きててよかった」

リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車にはねられ、大けがを負ってしまいました。

手術は4時間におよび、かかった費用は100万円以上にもなったといいます。手術直後は事故の記憶がなく、自分に何が起きているのかまったくわからなかったというJacobさん。お見舞いに来た友達に説明してもらい、ようやく状況が飲み込めたのだそう。

自分が事故に遭ったことを知った彼は、痛々しく傷が残るその顔に笑みを浮かべていたそうです。

「そんな事故に遭ったのに、まだ生きてるなんて、なんて幸せなんだろうと思ったよ」

毎日が
「人生最後の日」

Jacob Laukaitisさんは事故に遭ってから人生に対する考え方が変わりました。「人間はいつ死ぬかわからない。人生はとても短いことを実感したよ。だから一分一秒も無駄にしちゃいけないと思ったんだ」

それから毎日が「人生最後の日」であるかのように生きようと決めたJacobさん。自分のやりたかったことを実現し、人生を楽しむため、世界中を巡ることに決めたのです。

人生最高の一年

子供のころからの夢だったエベレスト登山、ニュージーランドでのスカイダイビング、ムンバイのスラム街の滞在…。

一日一日を全力で楽しんだJacobさんは、「2017年は人生で最高の一年になった」と語っています。

「当たり前」の毎日が「当たり前」ではないと気づいたとき、人は変わるのかもしれませんね。みなさんは毎日を後悔なく過ごせていますか?

Licensed material used with permission by Jacob Laukaitis

関連する記事

直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「ミニマリスト」とは物理的な意味のほかに精神的な意味も持つ。ここでは、ミニマリストの意味や得られるメリット、ファーストステップとしておすすめのアクションに...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
エジプトの著名な考古学者のザヒ・ハワス氏が率いる研究チームが、エジプト南部ルクソールにて、古代エジプトの都市遺跡を発見。
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
人生は、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。生きることは、楽じゃないのが当たり前で、うまくいかずに苦難ばかり多いことが普通なのです。でも、「楽じゃない...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
幸せな一年を過ごしたいのなら、まず脳をポジティブに切り替えていくことが大切。そこで「Elite Daily」のAlani Vargasさんがかき集めたのは...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
最高に楽しく、充実した毎日を積み重ねていきたい。そうは思っていても、実際にどうすればいいのかは、なかなかピンとこないものですよね。そんなあなたに向けて「Y...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...