九死に一生を得た人だけがわかる。最高の生き方。

旅行先で命に関わる事故に巻き込まれた男性。その事故をきっかけに、彼の生き方が変わりました。

大事故から生き残った男性が決心したこととは?

「生きててよかった」

リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車にはねられ、大けがを負ってしまいました。

手術は4時間におよび、かかった費用は100万円以上にもなったといいます。手術直後は事故の記憶がなく、自分に何が起きているのかまったくわからなかったというJacobさん。お見舞いに来た友達に説明してもらい、ようやく状況が飲み込めたのだそう。

自分が事故に遭ったことを知った彼は、痛々しく傷が残るその顔に笑みを浮かべていたそうです。

「そんな事故に遭ったのに、まだ生きてるなんて、なんて幸せなんだろうと思ったよ」

毎日が
「人生最後の日」

Jacob Laukaitisさんは事故に遭ってから人生に対する考え方が変わりました。「人間はいつ死ぬかわからない。人生はとても短いことを実感したよ。だから一分一秒も無駄にしちゃいけないと思ったんだ」

それから毎日が「人生最後の日」であるかのように生きようと決めたJacobさん。自分のやりたかったことを実現し、人生を楽しむため、世界中を巡ることに決めたのです。

人生最高の一年

子供のころからの夢だったエベレスト登山、ニュージーランドでのスカイダイビング、ムンバイのスラム街の滞在…。

一日一日を全力で楽しんだJacobさんは、「2017年は人生で最高の一年になった」と語っています。

「当たり前」の毎日が「当たり前」ではないと気づいたとき、人は変わるのかもしれませんね。みなさんは毎日を後悔なく過ごせていますか?

Licensed material used with permission by Jacob Laukaitis
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。