『すごい人のすごい流儀』ブレない生き方5つのヒント

前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なにも特別なことではなく、私たちの生活でも再現可能です。ここでは、ブレない生き方のヒントを紹介します。

トップに立つ人ほど、
外見、主張、行動に
一貫性がある

_70621579

「練習は噓つかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に噓つくよ」。これは2010年、ダルビッシュ有選手がTwitterでつぶやいた言葉です。「すごい人」のこうした言葉は心にズシリと響く重みがあります。おそらく、彼らの主張や行動、外見すべてに一貫性があるからでしょう。

アスリートをはじめ、アーティストや研究者、経営者など、「すごい人」は概してそうです。自分が「こうありたい」と追い求める理想ーー外見、主張、そして行動に一貫性があり、生き方にブレがない。そして、それを長いこと継続している。だからこそ、その人の価値が光り輝いてくるのです。

「一本筋の通った生き方」は
意外と簡単!?

sugoi-ryugi02160221-01

あなたの外見や主張、行動は中途半端になっていませんか?一度、自分のコンセプトをしっかり決めてみてはどうでしょうか?そして、洋服を選ぶにも、意見を述べるにも、常にコンセプトを基準に判断してみるのです。

「このカジュアルなシャツもいし、こっちのシックなシャツもいい。でも、自分のコンセプトにはこっちのシャツのほうが合っている」「この言葉は人を笑わせる。こっちの言葉は人を安心させる。自分のコンセプトにはこっちの言葉で話すのが合っている」。そんなふうに常にコンセプトを基準にして選択し続けていけたら、あなたの人生はあなたのコンセプト通りになり、一本筋の通った「すごい人」になれるでしょう。

ストイックな方が
人生は楽になる

000020006927_Large

アスリートのなかには、カロリーと栄養成分のみを考えて食事を摂取するストイックなタイプの人が存在します。「とてもじゃないけど真似できない」と思う人もいるでしょう。しかし、違います。彼らは、ルールで自分を縛って欲望を必死に抑えているわけではないのです。むしろ、ルールを作ってしまったほうが楽だから、そうしているケースがほとんど。

考えてみてください。人生は選択の連続です。朝食はパンかご飯かといった些細なことから、起業するか会社員のままでいるかといった大きな決断まで、実にさまざまです。選択の基準がなければ、そのたびに立ち止まり悩んでしまうでしょう。「すごい人」たちはみな、コンセプトに合った選択をすることが一番早いと身をもって知っているのです。

誰も気づかない部分にまで
徹底的にこだわる

Engineer at work

世界的な映画監督の黒澤明やフランシス・フォード・コッポラ、宮崎駿。彼ら巨匠たちの手掛けた作品の数々に共通して感じ取れるのは「神は細部に宿る」ということ。セット、衣装、小道具、画面に映り込むすべてのもの、ときには画面に映らない部分のディテールにまで、監督自身が細かく指示を出して創り上げたからこそ、作品の輝きは色褪せることなく、世代を超えて評価され続けるのでしょう。

この「神は細部に宿る」という言葉は20世紀を代表するドイツの建築家、ミース・ファン・デル・ローエの言葉ですが、「すごい人」たちと間近で接していると、「まさに!」と実感する言葉の一つでもあります。見ている人には気づかないような部分まで、こだわることが大事なのだと思います。わずかな差が「すごい人」の証だと思いますし、彼らはそんな細部にも自らの思い、イメージ、コンセプトを反映させているのです。

アンチがいたって
気にしない

Travel bussinesman seating on a train

エンタテイメントの世界で仕事をしていると、人に嫌われることが当たり前でまったく気になりません。あのザ・ビートルズやエルヴィス・プレスリーのような世界的スターにさえアンチがいるのです。だから、「嫌われているからコンセプトを考え直そう」とは絶対に思わないことです。どんどん嫌われていいと思います。周囲の目を気にするあまり一貫性がなくなってしまうほうが、嫌われるより弊害があります。あなたのコンセプトは、共感してくれる人にだけ届けばいい。そうすることで、周囲は気の合う仲間でいっぱいになっているでしょう。

すごい人のすごい流儀
コンテンツ提供元:サンマーク出版

伊藤正二郎/Shojiro Ito

エイベックス・スポーツ㈱代表取締役社長。2000年からは全国エリアのプロモーターとして邦楽トップアーティストたちのプロモートに参画。13年、エイベックス・スポーツ株式会社を設立。エンタテインメント業界で培ったノウハウを活用したマネジメントとブランディング手法でスポーツ、トップアスリートなどの価値最大化を実現している。

「継続は力なり」という言葉がありますが、まさにその通り。続けることで初めて振る舞いに説得力や真実味が備わり、あなたの価値が高まっていきます。では、具体的に...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。大切なのは、ワ...
「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?ちょっと考えてしまった人は習慣を見直してみるといいかもしれません。ここでは、ライフスタイルを中心とした情報...