忘れてない?「毎日が今よりもっと楽しくなる」19のヒント

突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?

ちょっと考えてしまった人は習慣を見直してみるといいかもしれません。ここでは、ライフスタイルを中心とした情報を発信するメディア「Little Things」で紹介されていた「快適な人生を送るためのシンプルな方法」という記事を紹介。あなたに合った方法を取り入れてみてください。

01.
身の丈に合った生活をする

2839391cd67b4ad8bba67290c0cd51289996ab01

高価なものを身につけて幸せな気分になるのは、ほんの一瞬。身の丈以上のものを買ってしまうと、その後の生活がカツカツになってしまいます。生活苦にならないためには、自分の手が届く範囲で買い物をしましょう。

02.
借りているものは全て返す

誰かに物を貸して、ちゃんと期限内に返してくれないと残念な気持ちになりますよね。もし、返せていない何かがあるなら今すぐ謝って、返しましょう。その時は、元の状態と同じようにすることが大切。

03.
間違いを犯したら
素直に認める

誰だって間違いを犯すことはあります。それは仕方のないこと。でも、間違いをムリに隠そうとしてはいけません。「やってない」「言ってない」などと嘘をつかないようにしましょう。素直に間違いを認めて「ゴメン」と謝れる人になりたいものです。

04.
洋服を寄付する

F41f2dde0de424846341fdad75715bb82705416f

「寄付」というとお金のイメージがありますが、じつは他にもたくさんあるんです。
クローゼットの中を想像してみてください。しばらく袖を通していない洋服が何枚か思い浮かぶはず。それらを寄付することで、あなたのクローゼットにも余裕ができます。

05.
大切な人が喜ぶことをする

たとえば「今日の洋服、素敵だね」と褒めるとか、朝ごはんを用意するとか、あなたのできる範囲でOK。それだけで相手にとって今日という1日が「ちょっと良い日」に変わります。さらにあなたが大切に思っている気持ちも伝わり、結果として2人の関係も良好に。

06.
相手の話を聞く

話を聞くということは、最も簡単に相手を楽しくさせる方法です。別にアドバイスをする必要もなく、ただ相槌を打つだけで「この人と話してると気持ちが和らぐ」と思ってもらえるはずです。

07.
1日30分の
ウォーキングを日課に

65f67f13af63b2e7f25561a915e65024c3bea688

ウォーキングは健康にいいだけではなく、今世の中で何が起こっているのかを知ることもできます。つまり、スマホやテレビ、雑誌と同じようにトレンドもキャッチできるのです。

08.
完璧を求めず
努力を惜しまない

完璧を求めようとすると、それに取り組むことが楽しくなくなってしまいます。繰り返しになりますが、人は間違いを犯すもの。そんななかでも優秀と言われる人たちは、努力を惜しみません。彼らは間違いの数を気にせず、成功に向かって走ることができるのです。

09.
時間を守る

待ち合わせに遅れたら、こちらも申し訳ないし相手も少なからずストレスを感じます。2人の時間を楽しく過ごすために、時間厳守を心がけましょう。

10.
誰にでも丁寧に接する

世の中、優しい人ばかりじゃないし、時には簡単なルールさえ守れない人もいます。でも、そういう人にでも真摯な対応をしましょう。相手が自分の行動を見直すきっかけになることを祈って・・・。

11.
急いでいる人に順番を譲る

82371bc8ed5f31e6a6a443c326286c2c85fa1b53

ちょっとした心遣いが日常的にできる人になりましょう。たとえば、列に並んでいて後ろの人が時計を気にしていたら、順番を譲ってあげられるくらいのゆとりを持ちたいですね。

12.
1人の時間を確保する

誰かと一緒に時間を過ごすのは、とても楽しいことです。そして1日の多くがそういう時間になるでしょう。だからこそ、一人の時間もきちんと確保すべき。ほんの30分でも、今日一日のことを振り返ったり、明日のスケジュールを考えたり、体のケアをしたり、自分を見つめることが必要なのです。

13.
マナーを身につける

5d96f7fdf4bd18421a92d97b08921bb7f1aff67f

ルールよりもまず身につけるべきもの、それはマナーです。きちんとわきまえている人は、話が面白いとか見た目の良し悪しに関係なく、好印象を与えます。一度身につければ一生もの。今から少しずつ勉強してみては?

14.
謙虚になる

成功体験や人より優れているところを誰かに聞いてもらいたいと思うのは誰だって同じ。けれど満足するのは自分だけ。もし相手がニコニコ聞いてくれているとしても、本心では楽しいと思っていないことも…。横柄にならず、常に謙虚でいましょう。

15.
意見するタイミングを
見計らう

思っていること全部を口にしてはいけません。時に自分のなかで留めておかなければならない場面もあります。意見をする際も「時を見計らう力」を身につけましょう。

16.
人の悪いところではなく
良いところに目を向ける

人を批判するのは簡単ですが、良いところを見つけるのは難しいもの。でもせっかくその人に出会えたのだから、その人の長所に目を向けるようにしてみましょう。ネガティブな思考にとらわれないように!

17.
過去から学び、
未来のために計画し、
今を一生懸命生きる

過去は過去、固執せず学びの一環と考えましょう。また、見えない未来に思い悩むこともやめましょう。最もすべきなのは、今を一生懸命に生きること。

18.
世の中はフェアじゃないことを
受け入れる

03fc474e939c86a087a7dbe1abdff81e831478c9

誰かが得をしたら、誰かが損をする。誰かが優越感を味わったら、誰かが劣等感を味わう。世の中は甘くないのです。どれだけ反論をしても、どうにもならないことだってあります。この事実を受け入れましょう。

19.
何事も気にし過ぎない

細かいことを気にしない。おおらかな心を持つ。「まぁいっか」というマインドを持つことが、ストレスをためない一番の方法です。

Licensed material used with permission by LittleThings
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
人生がうまくいっていないわけじゃない。だけど、なんだか毎日がパッとしない。そんなとき思い出すべきヒントについて、ライターのDanielle William...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。大切なのは、ワ...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
幸せな人生は、どうすれば手に入るの?つい難しく考えがちですが、そのための鍵は、意外と日々の生活の中に潜んでいるかもしれません。「Little Things...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
人として成長するためには、何か大きなことを成し遂げなければならないように思いがち。でも実際のところ、成長と一番大きく関わっているのは、日々の生活習慣です。...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
「幸せになりたい」。それは、多くの人が持つ共通の願い。でも幸せを手に入れる前に、私たちを邪魔するたくさんの壁があるのも事実。そんなとき、物事を複雑に考える...
なんとなく過ごしている毎日。ちょっと意識を変えるだけで、もっと幸せな1日に変わるなら試してみたいものです。「Elite Daily」のライター、Sonya...
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...
旅には、人生が凝縮されています。