今日からできる、ポジティブな印象を与える15のヒント

あなたが好印象を持つ人にはどんな特徴があるだろうか。イイ車に乗っている人、広い家に住んでいる人、高級ブランドを身につけている人?

でも、「残念なことに所有物は壊れるし、トレンドは変わってしまう。一度自慢しても、二度目はできない」と考えているのは、「becomingminimalist」のライターJOSHUA BECKERさん。彼の記事によれば、自分の印象を良くするために変えるのは「考え方」だけでいいらしい。そのヒントが以下15項目。

所有しているものより
「心の中にあるもの」

僕たちは、日常生活で他人を惹きつけようと無意識のうちに努力している。

でも、少し立ち止まって、あなたが魅了される人を考えて欲しい。思い浮かべるほど、目に見えない部分に惹きつけられてはいないだろうか

01.
見返りを期待せずに
思いやりの心を持つ

何かのリターンを期待しないで、時間やエネルギー、お金を誰かに割いてみると良いかもしれない。何かをしてあげるという行為は、思っている以上に他人を感心させるだろう。

02.
会話をして
よく笑う

他人の話を聞いて、笑える人になってみよう。無意識のうちに人生を楽しめるようになるはず。さらに、周りからは、あなたは楽しそうな人に見えているだろう。

03.
気分の乗らない日でも
楽観的に過ごす

相手が誰だろうと、自分のテンションが下がっていたとしても、他人の良いところに目を向けよう。もちろん、難しいときもあるだろうけど、後悔することはないはず。

04.
自分の子どもに
愛情を注ぐ

子どもと過ごす時間を多くしよう、そして楽しもう。この愛は、誰もが良いものと思うはず。

05.
心の底から
パートナーを尊敬する

いわゆる亭主関白はもう時代遅れ。自分の選んだパートナーは、心の底から尊敬しよう。事実としては悲しいけど、これは全員ができるものではないから他人を魅了するもの。

06.
自分を成長させる
努力をする

僕は、歌手や作家、建築家、実業家、プログラマー、アスリートにはいつも良い刺激を受ける。彼らに共通していることは、自分の力を伸ばすことに長けていること。どんな仕事をしていても良い、でもこれができる人は頼もしい。

07.
世界に飛び出す

世界を感じよう。そして、自分をアップデートしてみよう。

08.
違いを受け入れる

もちろん、自分の価値観にこだわることは悪いことではない。だからこそ、違いを受け入れられる人には素敵な印象がある

09.
好きなことをして
人生を楽しむ

周りの人と同じことをするのはやめよう。さらに、テレビから離れ、お金に踊らされる人生に別れを告げよう。自分の熱意を再確認して、日常生活を楽しもう。これができれば、他の人が羨ましく思うはず。

10.
人と違うことをする
勇気を持つ

何でも競争すればいいという訳ではない。むしろ、みんな同じことをしている。思い切って、違うことをしてみよう。習慣化すれば、オンリーワンの存在になれるはず。

11.
自然と向き合う

他人を愛することも大事だけど、それ以外のものにも目を向けてみよう。

12.
時間をとって
話を聞く

今の時代、しっかりと話をして、聞く時間を取れる人はダイヤモンドのように珍しい。

13.
自慢せずに
控えめでいる

あなたには才能があって、特別で、ユニークだ。逆説的だけど、自慢しなかったら、周りはそれらに気づいてくれる

14.
思い込みでも良いから
人生に満足する

満足感のある人生は、楽しいし、素晴らしい。もしも満足していないなら、嘘でも良いから思い込んでみよう。周りには違って見えるはず。

15.
刺激を与える存在でいる

誰かに良い印象を押し付けるのは諦めよう。だけど、誰かを刺激することは忘れてはいけない

この15のコトは、あなたがもう持っているもののはずだ。今すぐに始めてみてはいかがだろう?

Licensed material used with permission by becomingminimalist
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。ここで紹介する「15のライフレッスン」は10...
案外、むずかしいことじゃないかもしれません。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
仕事に没頭して、気がついたら今日も深夜…。やりがいを感じることもあるけど「私の人生ってこのままで良いのかな?」と思うことだってありますよね。そんな「クオー...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
旅には、人生が凝縮されています。
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...