人生を「シンプル」にするためには、この15のことを試してみて!

ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通する起業家Marcel Schwantesさん曰く、ミニマリズムとは、ただただ物を捨ててしまえばいいということではなく、自分をハッピーにしてくれるものをとことん深掘りすることから始まるのだそう。

今あるものに、より感謝を込められるシンプルライフの15の要素を「Inc.」の記事から紹介したいと思います。

01.
「ただそこにあるもの」は
ゴミ箱へ

部屋を占領している「使っていないもの」たちは、思い切って断捨離しましょう。

02.
長すぎる通勤時間を
カットする

往復の通勤に4時間もかかっているのならば、そろそろ転職や働き方を見直す時期かもしれません。

03.
引っ越しをする

できるだけ、「小さなおうち」を選んでみては?

04.
意味のある行動を

「なんとなく」で行動したり、時間をかけることにはオサラバ。

05.
ときには
スマホの電源をオフに

帰宅したあと、ベッドに入る1時間前など、好きなタイミングで試してみましょう。なにげなく覗いてしまうスマホの画面から“意識的に”離れる時間をつくることがポイント。

06.
ランチはしっかりとる

メリハリが大切です。晴れた日には外でピクニックをしてみる、なんてのも◎。

07.
大事なメールは、即返答

溜め込まず、大事なものはすぐ読み、すぐ返事をしましょう。

08.
自宅でできる
運動を考えましょう

生活費からジムの月会費は取り除き、自宅でのワークアウトプログラムを考案しましょう。

09.
週末は休息をとる

週末こそ、大事な人と一緒に時間を過ごしましょう。

10.
仕事とプライベートは
分けること

退勤後に、お仕事関連の予定を入れるのは避けるようにしたいもの。

11.
振り返る時間をつくる

重大な決断を下すときは、十分に考えを巡らせてからにしましょう。

12.
いらないものの
溜め込みに注意

もう2度と読まない雑誌を、部屋の隅っこに積み上げているあなたへ。ここは潔く売るか、リサイクルに出しましょう。

13.
仕事のスケジュールを
変える

上司と話し合い、たとえば出勤を一日10時間の週4体制にしてもらうなんてどうでしょう。5日目は休みをとり、自分の大事なことにフォーカスする時間をとるといいでしょう。

14.
ダラけるのは
もうやめる

これを機に、「先延ばしにする癖」を断ちましょう。

15.
必要に応じて
自分の基準を見直す

自分が持っている「基準」のせいで何もできないのであれば、それ自体を考え直す必要があるかもしれません。

Licensed material used with permission by Inc.
「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。