今年の大掃除で「減らすべき」ものたち10選

気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるものを整理してみませんか?

片付けるには、やっぱり物を減らすのが一番の近道。新年に向けて断捨離すべきものを、「Little Things」のライター、Laura Caseleyさんが教えてくれます。

01.
いっぱいある「タッパー」

あると便利なタッパーの類。でも、ちょっと考えてみてください。それって全部いっぺんに使うことってありますか?

同時に使う量を超えていたら、残りはタイミングを見て処分してしまいましょう。

02.
意外にスペースをとる
「花瓶」

頂き物などで、意外と家にたまりやすいのが花瓶。こちらも、いっぱいあっても仕方のないものの筆頭です。

お花を飾る習慣のない人は、使いきれないほどたくさんの花瓶は必要ありません。

03.
たまにしか使わない
「調理器具」

あると便利な調理器具は、意外と数が多くなりがち。でも、特定の用途にしか使えないようなものは、ひとつで充分。ダブっていないかチェックをして、ふたつ以上あるものは処分対象にしましょう。

04.
ボロくなった「タオル」

定番の贈答品である、タオル。家族の人数が増えれば、その分必要なタオルの枚数も増えます。でも、中にはもう傷んであまり使わなくなっているものだってあるはず。お風呂のあとに全員が使ってもまだタオルが有り余るのであれば、古くてボロいものから捨てていきましょう。

05.
眠っている「化粧品」

使いかけのまま古くなってしまった化粧品が、そこここに眠っている…なんて人も多いのでは?古い化粧品は衛生面も心配です。思い切って処分しましょう。

06.
古くなってしまった「薬」

病気のときしか意識しないかもしれませんが、薬は意外と古くなっていることがあります。買い置きの薬が古くなっていたら、迷わず処分しましょう。

07.
ついつい増えちゃう
「文房具」

ノート、テープ、ハサミ、ペン。オフィスでは必需品ですが、家でも本当に使っていますか?ついつい増えてしまいますが、もし使っていないのであれば、思い切って処分しましょう。

08.
いつか読もう、と溜め込んだ
「古い雑誌」

「まだ読むかもしれない」と思うかもしれませんが、実際に読み返していないのであれば、これを機会に手放すべきです。

09.
好みが変わってしまった
「本」

「本は捨てられない!」という人も多いかもしれません。でも、一度読めば満足なもの、好みが変わってもう読まないもの、そんな風に分類することはできるはず。昔使っていた教科書類も、思い切って処分してみませんか?

10.
「いざというとき」も
見直すべし

「いざというとき」を思うと、ついつい物を溜め込んで用意しがち。でも明確なイメージが思い描けないなら、それすらも処分していいでしょう。一方で「必要だな」とイメージできるものだけ、とっておくといいでしょう。

Licensed material used with permission by Little Things
「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!