石鹸メーカーによる「ニッチな大掃除セット」

生活のなかで「ココをきれいにしたいな」と思ったら、木村石鹸です。ピンポイントな「きれいにしたい!」という気持ちに応えてくれるクリーナーが揃っています。

そんな頼れる木村石鹸が、現在オンラインショップで展開しているのが、年末の大掃除用のセット。いろんなセットがあるんですが、僕がチョイスしたのは「大掃除応援セット」。

↓セットの中身です↓

©2019 NEW STANDARD

これがですね、説明すると…

・洗濯槽の洗浄剤AかB(Aはドラム式用、Bは縦型用)

・自動製氷機の洗浄剤

・レースカーテンの洗濯粉

・トイレタンクの洗浄剤

というラインナップになっています。

コレ、うれしくないですか?

どれも日常ではなかなか手がまわらない、見てみぬふりをしがちな、つまり年末のこの時期にキレイにしておきたいところばかり。

この「大掃除応援セット」以外にも、魅力的なセットがいっぱいです。しかも、12月26日(木)0:00までは送料無料になってます。

ちなみに、木村石鹸さんに伺ったところ、一番人気は「お風呂ピカピカセット」だそうです。昔から銭湯で愛用されてきたメーカーらしくてほっこり。

セット内容が気になる人は、オンラインショップをチェック

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
今回は3月27日に青山にオープンしたばかりの「cha aoyama」。韓国では大人気の「タルゴナ」が乗ったドリンクを楽しめるカフェが日本初上陸!映えな店内...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...
夏場は毎日のように使用する製氷機。しかも、氷は口の中に入れるものだ。となると、手入れが気になるところだ。
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
自分も、だれかにとっての「大親友」でありたい。
今年1月に英王室からの離脱を発表して、3月31日をもって正式に地位を退いたヘンリー王子とメーガン妃。メーガン妃は王室離脱後初となる仕事として、ドキュメンタ...
スウェーデンの法律事務所「Vinge」が求人のための動画を公開。シャレてる!
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...