床掃除や皿洗いより先に、「これ」をロボットにやってほしかった。

家の掃除で一番億劫なのがトイレ掃除。これってみんなそうじゃない?たとえ女神様がいると言われたって、気が進まないもんは進まない。まぁそんなこと言ったって、毎日使うんだからやるしかないけど。

いや、でも待てよ。ここにひとつ疑問を呈そうじゃないか。近ごろこんなに科学技術が発達しているのに、なぜトイレ掃除だけは人類誕生以来ずっと手作業なんだ?

そんな問いにこたえるかたちで、ついにこんなロボットが登場。とりあえずはそのプロモーションを見て欲しい。

あなたの苦悩、流します

198ca0f1380f4d700324aebe9ad5d80eb8edffc2

美しい女性がひとり、テラスで優雅なティータイム。でもどんなに綺麗な人だって、やらなきゃいけないことがある。

Ba86b23f1f8ea0fb3d9f7e435566e52359d33075

そう、トイレのお掃除だ。

5e5ae7179497279c35aa23e6fbb416fb26c5e544

今や部屋の床だってルンバが掃除してくれるし、

67099690924369310fc690296ff97b07abc0b489

お皿だって機械が洗ってくれる。なのにどうして人類は自らの手でトイレを磨き続けてるんだろう?

計算によれば、人は1年のうち3日間ぶんの時間を、トイレに座って過ごしています。ですからもちろん、トイレは綺麗にしておかなければなりません。

でも、手作業で定期的に掃除をするとしたら、人生のうち100日間はまるまるトイレ掃除に費やしていることになるのです。

わたしに全て任せなさい。

A9a4a1b06619990cfe1f684a8fbb3076a2b34faf

ここで便座部分に取り付けられた謎の機械「SpinX」が颯爽と登場。やけに分厚いフタだなぁなどと侮るなかれ。便器の中ではこんなことが起こっていたのだ…。

3ff51d2d14eaf4dab6f040b3828e6f6d3f4cde42

なんとフタ部分から洗剤と水のジェットが吹き出し、さらに出現したブラシが高速回転で便器内を洗っているではないか。人間にはとても真似できないこの徹底的なゴシゴシ洗いで、99.9%の汚れを洗い流してくれるのだそう。

C3a68524e9a7bd978d03e377ab5462d4a502324e

普段はカバーがついているので、座るときに背中は気にしなくてよし。カバーを外してスイッチを押すと、自動で掃除をしてくれるというわけ。

7e95c2016a8ce2b98d71813d185c5006e7ef6f6f

ちなみに便器内に加えて、便座部分の洗浄と乾燥もお手の物。

8f5f3da606afb41d9818a6d4c239eabbf3941e4e

さらにバッテリーは充電式。スタイリッシュすぎてトイレ洗浄機の充電をしているようにはとても見えない…。

7680c04363f31cb80d4ea7401e4a616f24283eb6

なんて画期的!とはいえ、どんなに便利でも、トイレごと替えなきゃいけないなら我が家に来るなんて夢のまた夢。でもこの商品は取り付けもお手軽なのが売りだから、なんともかゆい所に手が届く。

便座と蓋を外したら、機械を取り付けてホースを繋ぐだけ。業者さんを呼ばなくてもできそうなのが嬉しいところだ。

7c02454fcc25c938558657ee7bd60c82aeaa709a

「本当にうちのトイレの大きさに合う?」「通販だからちょっと不安」「そもそもトイレの大きさってどうやって測るの?」という人のためにはこんな説明書まである。指示通りに測っていけば2タイプのサイズ展開のうちどちらを変えばいいのかがわかる簡単ガイド。

それでもわからない人はメールでも問い合わせることができるそう。

C169c4a3b63a3746299f92262c78893d67186a30

これには先ほどの美女もご満悦。「Kickstarter」で今だけ199ドル(約22,000円)で手に入れられるこの「SpinX」。あなたもそろそろトイレ掃除から、解放されるべきじゃない?

Licensed material used with permission by Spinx
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
家事は部屋をきれいにするだけでなく、それ以上の効果があります。例えば「気」の流れをよくしたり、心の整理にもなったり。そして、一番強調したいのが「カワイイ自...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!