吸引力は従来のロボット掃除機の4倍!「ダイソン 360 Eye」がスゴ過ぎる・・

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」が、世界に先駆け「Dyson表参道」にて販売開始。累計200人を超えるエンジニアが、2,800万ポンド(約53.2億円)と17年もの歳月をかけて開発したこのプロダクトは、これまでにないパワフルかつインテリジェントなロボット掃除機となっている。

mcthomasdawharris

最大の特徴は、他のロボット掃除機の「4倍」という驚異的な吸引力だ。このパワーを生み出すのが、毎分最大78,000回転するエネルギー効率の高い「ダイソン デジタルモーター V2」。これにより、フローリングからもカーペットからもゴミを取り除く、パワフルで変わらない吸引力を維持することが可能に。

mcthomas

また、ゴミやホコリを効率よく空気から分離し、ヒトの髪の太さより細かい花粉やカビなど、0.5ミクロンの微細な粒子まで捕える「Radial Root Cyclone™(ラジアルルートサイクロン)テクノロジー」も搭載。他のどのロボット掃除機よりも綺麗な排気を実現した。

lferris

一般的なロボット掃除機は、センサーを通じて進行方向を探しながら室内を移動するが、搭載された「360°ビジョンシステム」はそれらとは一線を画するもの。最大毎秒30コマの撮影が可能なカメラで周囲の環境を把握し、その情報をもとに詳細な間取り図を構築。計画的に室内をナビゲートしながら、製品自体の現在地を検知し続ける。

さらに、現在地だけでなく、まだ掃除されていない場所もミリ単位の正確さで把握。赤外線センサーで障害物を巧みに回避しながら、効率的で規則正しい動きによる掃除が可能になるというわけだ。

mcthomascrose

「ダイソン 360 Eye」は同社初のスマート家電製品としても話題。独自に開発したiOS/Android対応の専用アプリが可能にするのは、スマートフォンやタブレットでの掃除スケジュールの予約やトラブルシューティング。外出先から掃除の進捗状況だって確認できるため、急な来客予定ができた、というような場合でも安心だろう。

crosecrose

明日10月26日(月)からは、全国の量販店65店舗限定での販売も順次スタート。価格は14万9,040円(税込)。簡単に手の出せる価格とは決して言えないが、最新テクノロジーが結集されたこの製品であれば、その価値は十二分にありそうだ。

Licensed material used with permission by Dyson

えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
この4種類をデスクに常備しています。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
丁寧に暮らす。テクノロジーに頼りすぎない生活のよさが改めて感じられそうです。
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...