家庭用から屋外用へ「ルンバ生みの親」が手がける新たなロボ掃除機

えっ…これが本当に、
あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?

その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えなくない。が、これはあくまで試作品。あのロボット掃除機「ルンバ」だって、最初はLEGOのパーツで組み上げられたところからスタートしたというのだから。

つまり、このビジュアルだけでガッカリなんかして欲しくないワケ。ルンバ生みの親は、またしてもスゴいものを作ろうとしているんだから。

ロボット掃除機
あの衝撃、再び!?

日本でもベストセラーとなったあの掃除機、さらには後継機として登場した床拭きロボットのブラーバ開発を担当したエンジニア、ジョー・ジョーンズはiRobot社をひっそりと退社。その後はボストン郊外のスタートアップ企業「Franklin Robotics」でCTOに就任していたなんてことは、よほどのガジェット好き(ないしは家電好き)でなければ知りえないことだろう。

その彼が、いま開発に心血を注いでいるのが屋外専用のロボット掃除機「Tertill」だ。あのルンバと同じように障害物を自分で察知し、掃除をしていくらしい。

では、何を?どこを?

先に伝えておけば、こちらはロボット芝刈り機の類とはひと味違う用途のようだ。

除草剤を使わない
有機農業の救世主、かも。

Tertillの活躍の場はおもに庭であり、畑だという。今回のロボットが掃除をするのは、チリやホコリではなく、「雑草」や「落ち葉」。

Tertillの製品化において、ジョーンズがマーケットとして需要を見込んでいるのは、どうやらオーガニック農作物の生産農家だという。その理由をMIT Technology Reviewの記事から紐解けば、「除草剤を使わない生産者たちにとって、雑草駆除の負担軽減は大きな可能性を秘めている」、ということらしい。

さて肝心の性能だが、本体前部に設置されたカッター状の刃が高速回転することで、雑草を地面すれすれからカットしていく。やみくもに植物を切ってしてしまうことはなく、作物の茎や葉っぱのサイズを認識して、ちゃんと避けていくという。マジか!?

そうそう、こちらは太陽光パネルを搭載し、自然エネエルギーだけで稼動するそうだ。

2017年夏、お目見え予定

庭の草むしりの手間が省けたり、掃いてはまた落ちてくる落ち葉に手を焼くこともなくなるのだとしたら…ルンバの魅力を知る人であれば、食指が動いたって不思議はない。一般ユーザー向けは?と期待する声もあるはず。

だが、まだ試作段階。それが、グレーのお鍋のようなスタイルのもの。最初にお見せしたプロトタイプとはかなり見た目もスッキリし、だいぶ見慣れたものになってきたのでは。

今後も改良を重ね、2017年夏のローンチを目指しているという。どんなに成功を収めても、新たなチャレンジに果敢に挑むヒットメーカー、見果てぬ夢はまだ終わらない。

Licensed material used with permission by Franklin Robotics
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
キーボードの隙間掃除に使っているエアダスターです。microUSBによる充電式。何度でも繰り返し使えるし、ガス臭さはナシ、噴射するエアも十分。シンプルな作...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。