家庭用から屋外用へ「ルンバ生みの親」が手がける新たなロボ掃除機

えっ…これが本当に、
あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?

その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えなくない。が、これはあくまで試作品。あのロボット掃除機「ルンバ」だって、最初はLEGOのパーツで組み上げられたところからスタートしたというのだから。

つまり、このビジュアルだけでガッカリなんかして欲しくないワケ。ルンバ生みの親は、またしてもスゴいものを作ろうとしているんだから。

ロボット掃除機
あの衝撃、再び!?

日本でもベストセラーとなったあの掃除機、さらには後継機として登場した床拭きロボットのブラーバ開発を担当したエンジニア、ジョー・ジョーンズはiRobot社をひっそりと退社。その後はボストン郊外のスタートアップ企業「Franklin Robotics」でCTOに就任していたなんてことは、よほどのガジェット好き(ないしは家電好き)でなければ知りえないことだろう。

その彼が、いま開発に心血を注いでいるのが屋外専用のロボット掃除機「Tertill」だ。あのルンバと同じように障害物を自分で察知し、掃除をしていくらしい。

では、何を?どこを?

先に伝えておけば、こちらはロボット芝刈り機の類とはひと味違う用途のようだ。

除草剤を使わない
有機農業の救世主、かも。

Tertillの活躍の場はおもに庭であり、畑だという。今回のロボットが掃除をするのは、チリやホコリではなく、「雑草」や「落ち葉」。

Tertillの製品化において、ジョーンズがマーケットとして需要を見込んでいるのは、どうやらオーガニック農作物の生産農家だという。その理由をMIT Technology Reviewの記事から紐解けば、「除草剤を使わない生産者たちにとって、雑草駆除の負担軽減は大きな可能性を秘めている」、ということらしい。

さて肝心の性能だが、本体前部に設置されたカッター状の刃が高速回転することで、雑草を地面すれすれからカットしていく。やみくもに植物を切ってしてしまうことはなく、作物の茎や葉っぱのサイズを認識して、ちゃんと避けていくという。マジか!?

そうそう、こちらは太陽光パネルを搭載し、自然エネエルギーだけで稼動するそうだ。

2017年夏、お目見え予定

庭の草むしりの手間が省けたり、掃いてはまた落ちてくる落ち葉に手を焼くこともなくなるのだとしたら…ルンバの魅力を知る人であれば、食指が動いたって不思議はない。一般ユーザー向けは?と期待する声もあるはず。

だが、まだ試作段階。それが、グレーのお鍋のようなスタイルのもの。最初にお見せしたプロトタイプとはかなり見た目もスッキリし、だいぶ見慣れたものになってきたのでは。

今後も改良を重ね、2017年夏のローンチを目指しているという。どんなに成功を収めても、新たなチャレンジに果敢に挑むヒットメーカー、見果てぬ夢はまだ終わらない。

Licensed material used with permission by Franklin Robotics
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
米オレゴン州のビーバートンで、緊迫した空気が一変して笑いに包まれる夜がありました。一本の通報電話に、地元の保安官が現場へ駆けつけるも待ち構えていたのは……。
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
「Samsung」が発表したAI搭載の新ロボット「Ballie」は、最先端のIoT技術と連動することで、ゴミを感知して自動掃除機を稼働させたり、留守番中の...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
「Dyson」は、日本の住環境と日本人の平均身長を考慮して開発した「Digital Slim コードレスクリーナー」を発売。25%の軽量化と20%の小型化...
一般的な燻製機の手間をすべて排除して、手軽さにとことんこだわった「IBUSIST燻製機」。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...