マイクロプラスチックを吸いまくる
「万能すぎる掃除機」

カナダ・ケベック州にあるシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる”掃除機「Hoola One」。

吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小さなマイクロプラスチック。ビーチを綺麗にするために開発されたものです。

下の動画には、ハワイ島で試験的に使用されたときの様子が映っています。そして、掃除機が吸い込んだ大量のプラスチックの破片も。リゾート気分で裸足でビーチを歩いていたら刺さってしまいそうなシャープなものまで……。

海洋汚染の原因のひとつとして深刻な問題となっているマイクロプラスチックですが、この掃除機が世界中のビーチで力を発揮してくれる日はそう遠くはないかもしれません。むしろ、そう遠くはないことを期待しています。

© YouTube/KHON2 News
Top image: © Margaret Brown/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
株式会社コーセーは、イオンスタイル上尾とテラサイクルジャパン合同会社との3社で、「海洋プラスチックごみ」からリサイクルした再生樹脂を使用した「買い物かご」...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
インド政府は国内およそ7000の駅構内におけるプラスチックカップの提供を中止し、代わりに焼き物の「クルハド」を用いることを発表した。
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。